MP3の思い出をミキロフさんに語っていただきました。

MP3の思い出 by ミキロフ この度は”MP300(エムピースリーハンドレッド、なんてゴージャスなタイトルの響きなんでしょう)”の発売、本当におめでとうございます。私がリョウアライさんのHPで初めてMP3の配信をダウンロードして聴いたのは今から13年前の1999年初頭。前年の98年、友人であるmatsu&takeから「Web_Site_Again(当時のアライさんのHP名)のMP3コーナーが面白い」という情報を吹き込まれながらも、まだ自宅にネット環境の無かった私は松竹家のMacでしばらくの間指をくわえつつ聴かせてもらいに行く日々が続きました。ちなみにその頃アライさんとは面識はなく、所有していたフロッグマンレコーズのコンピレーションCDで名前を認知していた。その後99年の明けに発売された(今や懐かしい…)5色バリエーションになったばかりのiMacG3 266MHzを思いきって購入、ネット開通後最初にアクセスしたサイトがアライさんのHPだったのを、今これを書きながら思い出しました。 人生初のダウンロード行為もどこぞのエロ画像などではなく、Web_Site_AgainのMP3ファイル(これ本当です)だったなぁ。当時はMP3フォーマットを用いてオリジナル曲の配信をしていること自体が、今では考えられないですけどとても革新的だったんです。MP3という圧縮形式も確か出始めの頃で、海外の一部の音楽マニアが趣味でやってるようなページで稀にオススメ曲紹介用にMP3でサンプルを置いていたりしたのを見かけましたが、国内アーティストのHPで自作曲のフル配信(しかも無料で)をやってる人は極少数だったと記憶しています。それは思うにいわゆるテレホーダイタイムの時代、ネット接続がダイヤルアップか僅かに速いISDNくらいしか無かったので、なかなか物理的にも成立しなかったことなのかもしれません。 アライさんMP3コーナーの全盛期は配信開始当初から2000年いっぱい辺りまでがアップロードのペースを見てもほぼ週1で2曲(!)ずつ、私含め落とす側もうっかりしてると更新チェックをする前に次の更新になっていたりするので(サーバー容量の制限で新曲アップの際、過去曲は削除されていた)その頃はかなりマメにHPを訪れては更新お知らせのNEW!文字の有無を確認していました。大体いつも金曜の夜更新だったので、金曜日は朝日放送の探偵!ナイトスクープ(関西圏での放送日)を観た後にネット開いてアライさんのMP3更新チェック!の曜日として数年間自分の中だけで定着。言い過ぎかもしれませんがWebSiteAgainでのMP3コーナーの存在が完全に生活の一端として密着するほど更新を追いかけていたんです。毎週、若干数百KBのファイル一つ落とすのにプロバイダの調子が悪いときは10~20分かかった苦心のダウンロードも今となっては良い思い出として残っていますね(という経緯/経験もあり、06年の200曲再アップや09年の100曲再アップ時は少し嫉妬しました!)。 アライさんブログのMP3リスト 01/07/07に’adsl’という曲があり、この前後から1曲毎の容量がちょっと増えていきますが、当時の私が送った感想メールに対してアライさん曰く「ADSLに乗り換えました。なのでアップロード容量も必然的に増え、曲名も記念に’adsl’」というような明解な内容の返信があったことを今でも覚えています。未だダイヤルアップでダウンロードを頑張っていた身としてはこの辺で初めてのピンチを感じました(落とせないこともなかったのですが時間がかかり過ぎた)。時期を見て私もけっきょく電話回線から高速回線に乗り換えたのは言うまでもありません。メールの話で補足しますと、初めてダウンロードさせていただいた頃からなんとなく毎回感想メールをアライさんに送り続けていましたが、例えどんな些細な感想であってもいつも即(本当に速かった)長文で丁寧に説明や解説の返信をいただいていました。あの時期のMP3に関してやり取りしていたメールのデータはもう見失いましたが、もしあってしっかり編集を施せばなかなか痒いところに手のとどくリョウアライMP3解剖本が作れたと思います。当時HPにはBBSを設置されていて(何か更新がある度にコロコロ入れ替わるトップ画像にBBSへのリンクが埋め込まれた仕様だった。ので、たまに画像が小さ過ぎるとBBSの入口が分からなくなることもあった)感想などはそちらに書き込んだこともありました。 そんなこんなありつつでMP3をきっかけにアライさんとのメールやネット上での交流が次第に深まり、99年夏には私や松竹・ヤベミルクらで京都にて行っていたクラブのイベントにゲストで出ていただき、それまでアップされていたMP3トラックを軸にしたCDJプレイ(アライさんご自身としても初の試みでした)をしていただくまで展開していったわけです。私にとってアライさんHPのMP3コーナーはインターネット経験の原点でもあり、青春そのものと言っても過言ではありません(しみじみ)。”MP300“、その規格外のボリュームは勿論のこと、理屈抜きで面白い盤だと思いますので、少しでもたくさんの音楽好きの方に聴いてほしい作品です。 >...

MP3の5W2H

Who/誰が リョウアライが What/何を 未発表曲のMP3データを When/いつ 98年5月28日から Where/どこで 自分のHPで Why/なぜ(どんな目的で) リリースもの以外の作品も作りたかったし、それを不特定多数に聴いてほしかったから How/どうやって...

BOSE M2

Bose Computer MusicMonitor マルチメディアスピーカー M2 約1年半前にOlasonicのスピーカーを買って、このブログから購入された方も多かったのだが、こちらでは数ヶ月後に少しボリュームを上げると音割れするようになってしまって音には満足してたものの、残念ながら使い物にならなくなっていた。そこでまたスピーカーなし生活になり、その後MacBook Proに買い替えて、黒MacBook時に比べて内蔵スピーカーの鳴り的には(ってMacの内蔵スピーカーなんか誰も気にしてないと思うが)良くなったものの、当然のように限界があるので、再びスピーカーを欲し、結局前回の記事で言及している通り、BOSEを買った次第である。単なるただの初志貫徹。

中野ブロードウェイヴ #2

【ニコニコミュニティ】キャプミラP【CaptainMirai】バイバイレコード コミュニティ 4年に1度の2月29日(水)、前回に引き続き、ボカロPのキャプテンミライとニコニコ生放送を聖地・中野から行う予定です。 配信開始は大体20〜21時くらいのアバウトな感じで予定してますが、ニコ生のシステムとして配信しないとURLがわからないので、当日twitterでお知らせします。さらにシステムとして1回につき30分の配信しか出来ないので、それを何回か繰り返し、その都度URLも変わります。前回は4部までやったので、今回もそのくらいを考えてますが、他の配信者が多い場合は配信出来ない場合があるので、これも当日にならないとわかりません。色々お手数ですが、当日tweetを追いかけて下さい。 配信後記 (3/8) 前回の配信後にタイミングよくNiconico Live Encoderという配信ソフトが出来、今回はそれを使って配信したので、前回より画質も向上、音もステレオになった(オペレーションは僕ではなくプレミアム会員+Windowsユーザーであるキャプテンミライ)。これでUSTREAMでやってる配信と同等になった。前回と違い今回はお互いハンドマイクは持たず、コンデンサーマイクを1本立てて2人の声をひろうスタイルにしたが、特に問題がなかった、というか良かったくらいなので、今後もこのスタイルになるだろう。特に決めごとなくガチでフリートークしたが、結局30分x5枠行った(アーカイブが7日間しか見られないのは残念)。音のセッションは見送ってしまったが、次回こそはやる予定(3月下旬)です。

rar オンラインストア・リニューアル(クレジットカード決済開始)

昨年rarというセルフレーベルを立ち上げたのを機に当HPから直接CDを販売することを始めていました。システム的にメールオーダーのみだったのですが、この度PayPalというオンライン決済サービスを経由することにより、クレジットカード決済で販売することが可能になりました。今まで個人のHPで独自にオンライン決済サービスを設置するにはプログラム/システム的にハードルが高かったのですが、PayPalのおかげで比較的簡単に出来るようになりました。HPを開設して15年経ちますが、ようやくここまできたといった感慨深いものがあります。PayPalアカウントは登録無料、クレジットカードをお持ちであれば、他のオンラインショッピング同様のシンプルさで買うことが出来ます。しかもPayPalアカウントがなくてもクレジットカード決済で買うことが出来ます。 新譜”graphic graffiti“にはオンライン限定の特典がつきますし、今後オンライン限定商品も予定しております。 是非ご利用下さい。 >>> rar – onlinestore

中野ブロードウェイヴ #1

1月31日(火)夜、古くからの知り合いである現ボカロPのキャプテンミライとニコニコ生放送をやる予定です。 配信開始は当日twitterでお知らせします。 USTREAMを見捨てたわけでもプレミアム会員でもないですが、はじめてのニコ生として聖地中野からの試験放送になります。 配信後記 (2/1) なにしろ初めてだったもので、USTREAMと勝手が違うことが色々ありました。まずプレミアム会員しか配信出来ないのですが、今のところなる気もないのでキャプテンミライのチャンネル(ニコ生でいうところのコミュニティ)でやることは予め決まっていました。コミュニティの参加人数によって決まるLEVELというのがあり、それがかなりの数に達していないと配信が30分で終了するシステム。そのまま続けて配信するには30分につき500円払うシステム(!)なので、そこで一旦配信を終え、再度配信し直せば無料なのだが、配信ページのURLがその都度リセットされるので、告知tweetもし直さないとならない。今回はそれを4回繰り返した(計30分×4=2時間)。リアルタイムで見逃した方のためのアーカイヴはニコ生ではタイムシフト視聴といい、これもプレミアム会員でないと見られない。生主自身もタイムシフト視聴するしかなく(しかも約1週間しか残らない)、USTREAMのように録画した動画を管理画面(ダッシュボード)でダウンロード出来ない。配信画面に30分からの残り時間が表示されているが、実際にはタイムラグがあり、タイムシフトで確認したら、こちらが確認していた時間より早めに配信が終わっていた。ニコ生する人が増えると◯◯人待ちと表示され、配信出来なくなる。… … と、いう風にUSTREAMに比べると色々不便なのだが、視聴者数的には何故かニコ生の方が人が集まりやすい。違いといえば(流れる)コメントくらいしか思いつかないので、それがそんなに凄いのかと。無料で何時間も配信出来るUSTREAMは有料のニコ生に負けている。その謎を痛感しつつ、懲りずにニコ生やUSTREAMをやる予定です。

break literacy on YouTube

2003年にリリースした”Device People“というアルバム収録の’Break Literacy‘という曲が何故か世界中のどこかのダンサー用の音楽として使われており、最近YouTubeにいくつかuploadされています。

Recommends-2011/12

“MYSTERIOUS INTRIGUE” KUBA SOJKA ポーランドの新鋭によるデビューアルバム。1曲目の女性voものが秀逸。あとはインスト、シカゴ〜デトロイトハウス。 “MR.MACHINE” THE BRANDT BRAUER FRICK ENSEMBLE...

graphic graffiti – Sound & Recoding Magazine

Sound & Recording Magazine 2012年 01月号 “graphic graffiti“のレビューが掲載されています。 いつも少ない枠の中、10年前の”beat bracelet“以来、殆どの作品を取り上げていただいて有り難いことだと思っています。

わものがかり10曲 – PARTEEE

(以前PARTEEEというサイトに寄稿したチャートをサイトがなくなってしまったので以下に転載) CHARTS: わものがかり10曲 | PARTEEE 最近、和モノ盛り上がってきてますよね? 僕はUSTREAMで和モノをかけ始めて丸2年程経ちました。もともとDJからキャリアをスタートしたわけではないので、現場用選曲という枠からははみ出してしまい、USTREAMはラジオ感覚で選曲しております。毎回1アーティストにつき1曲、3時間で50曲かけるというプログラムです。結局クラブDJよりラジオDJの方が性に合っている、そんな人間の選曲に耳をカタムけてもらえれば幸いです。和モノといっても幅広く、興味は行き当たりばったりですが、ざっくばらんに順不同でピックアップしてみました。 01.The Opening / Perfume (’11)...

USTREAM – guest: YAKENOHARA

12月8日(木)にDJ/トラックメイカー/ラッパーの やけのはら をゲストに迎え、”graphic graffiti“リリース記念USTREAMをお送りしました。ご視聴ありがとうございました。リアルタイムで見逃した方はアーカイヴがありますので是非ご覧下さい。なお番組中にいくつか動画を流しておりますが、回線速度等の関係により殆ど静止画になっております。改めてこちらでご覧いただけると有り難いです。 > new album “graphic graffiti” release!!! >...

DJ Mix for MassMvmnt

DJ MIX FOR MASSMVMNT by Riow Arai on Mixcloud 2007年にUSAのレーベル・MassMvmntから”RIOW ARAI+NONGENETIC“をリリースした際にそのレーベルサイト用に作ったDJミックスが現在聴けない状態にありましたので、随分前に登録したものの放置していたMixcloudにuploadしました。

djay – algoriddim

2年前からUSTREAMでDJを始めてから愛用してるアプリ、その名もdjayの新しいヴァージョン4.0が出て、しかも1700円と安くなったことから、AppStoreで即ポチっとしてしまいました。マニュアルなんかは見たことこもなく、何しろシンプルで使いやすい。それでも多機能にはなってきてますが、このシンプルさは保ってほしいです。

グラフィック・グラフィティ、自問自答。

─ アルバムタイトル”graphic graffiti”に込められた意味はなんでしょう? まず意味を込めた日本語があって、それを英語にして、という過程ではなく、最初から英語のイメージ/語感だけでつけてしまうので、意味はわかりません。無理に日本語にすると面白さ半減みたいな。殆ど毎回そういう感じですが、英語的な間違いを自覚しつつ、英語圏の人がどう訳すのか、興味あります。あと意識してないし必ずそうしたいわけではないですが、同じスペルを続けるのが好きということに今更気付きました。次こそは”Again“みたいにワンワードをつけたいのですが、難しいです。あと日本語のタイトルにする、という選択肢もなくはないですが、iTunesStoreで海外にも配信している現在は、よりその必要性がなくなったかもしれません。前にkusakariという日本語タイトル曲がありましたが、結構印象深かったようなので、全部ローマ字的な感じでタイトルつけていくというのも面白いかもしれません。 ─ 収録曲のタイトルの意味を教えてください。 01.adam レーベル名を1年くらい考えてて、響き的にアダムというのが浮かびましたが、宗教的な意味を感じられると困るのでやめて、今回1番最後に出来たこの曲のタイトルに流用しました。意味より語感とスペルの並びが好きです。と、思ったら過去のMP3作品に既につけてました。 02.centerposition 毎回、タイトルは全部曲が出来てから、まとめて記号のようにつけるやり方です。テーマを決めずに抽象画を描き終え、タイトルを決めるというような。自分の中のイメージとして曲の雰囲気に合う言葉を見つける作業になるわけですが、そこの着地点はインストなので基本的にはなんとなく、としかいいようがありません。この曲は割と自分としてはストレートなアプローチになったので、このようなタイトルがしっくりきました。ただ、ストレートなんとかというタイトルだとストレート過ぎます。 03.middleage...

Roland Music Navi

mnaviワークス | Vol.53:ビート・マエストロRIOW ARAIがSPD-SXの可能性を探る | Roland Music Navi RolandのWEBマガジン”Roland Music Navi“にてニューアルバム”graphic...

THE INTERVIEWS

だれかにインタビューされる、そのインタビューに答える。 でも、だれにインタビューされたかはわからない。 そんな、インタビューサービス「ザ・インタビューズ」。 質問をお待ちしております。

KORG KAOSS PAD2(KP2)を修理に出す

先日18日のLIVEでカオスパッド(以下KP2)の故障が判明した。左右の出力にレベルの差があるということなのだが、何故気付いたかというと通常KP2からPAという流れが、この日はDUCTのDJミキサーにインしており、そのメーターを見ると片方が明らかに大きいという状態。最初はケーブルのせいかと思い、スタッフが差し替えたりしてくれたが、レベル差は変わらず。しかもMONOのトラックを流していたため、異変がわかりやすかった。ということで当日はDJミキサーのパンニングを調整してセンターになるように鳴らした。しかしこの日のセッティングで偶然気付いただけで前から既におかしかった可能性もあり。重複するが、通常はKP2から直接PAにいってるので、こちらでメーターは見れず、またブースの形や位置もハコによって様々、こちらは片耳ヘッドフォンをつけてたりと、部屋でステレオを聴いてるような状態とは違い、出音に対して常にセンターに位置してるわけではないので気付き辛い(黙ってPA側で調整してくれていたのかもしれませんが)。とりあえずもう7年も使ってるし、本体に対して多少なりのショックは与えて続けてるわけなので、故障しても不思議ではない。KP3はデザインも機能もひかれないので買い換えるつもりはなく、実際使ってるDUCTによればKP2特有のreverbは出ないとのこと。最近DJミキサーはDJMを使わせてもらう機会が多く、エフェクトが充実してることから、KP2なしパターンもあるわけなんだが、一応修理に出しておいた。ちなみにKP2からPAに、じゃなくてDJミキサーなのでは?、だとしたらメーター見ればすぐわかるだろうと思う方もいるかもしれないが、自分はsendでは繋がずダイレクトでしか繋がないのでCDJ > DJM > KP2 > PAとなるわけです。しかし、DJミキサーは他の出演者と共用することが前提だし、最終的な出音がKP2だと音が悪くなる、痩せる等々、正直ハコ側からは嫌がられるセッティングであり、自分もその辺は重々承知で可能な場合に限り、そのセッティングでやらせてもらっていた。最近はMacでLIVEする方が多くなってきており、その場合はMac > PC100USB > KP2...

Recommends-2011/8

“VOL.1-CHICAGO FOOTWORK COMPILATION” BANGS & WORKS Planet Muが送るjukeと呼ばれるスタイル。bpm160という高速なグルーヴに合わせて踊る「フットワークダンス」の為の音楽。 “ROOM(S)” MACHINEDRUM NYの奇才ビートメーカーもjukeに挑戦というわけですが、近年他の作風のアルバムもあり、来年辺りはまた違うことやってる可能性もあり。...