YouTubeのチャンネルが変わりました

YouTubeチャンネルを新たに登録し直しました。 以前のチャンネルもまだ生きてますが、諸事情により新たにアップロードすることはありませんので、チャンネル登録をされていた方は、お手数ですが、新しいチャンネルに登録して下さるようお願いします。 なお、今までの動画を新しいチャンネルの方で再生リストに仕分けましたので、そちらから御覧いただければと思います。 RIOW ARAI – Death Breaks (video edit): http://t.co/b9puyzLFhw...

最新リズム・マシン4強 – Sound & Recording Magazine

Sound & Recording Magazine 2014年7月号にて、 特集①最新リズム・マシンの“4強”をビート・マエストロ=RIOW ARAIがたたき比べ! におけるビート制作、および取材にもとづいた記事が掲載されています。 今回、以下のリズムマシン4機種を使用しました。 ・BKE Beat...

TR-808: A Space Odyssey

Rolandより往年のリズムマシンTR-808やTR-909を現代風に蘇らせたTR-8が発表/公開されたタイミングでYouTubeにTR-808(実機)で即興一発録りした音源をuploadしました。これは昨年5月にリリースした”FREEDOWNBEAT“の特典用に作ったものの、結局お蔵入りしていた音源です。同じ様にSH-101(自分が最初に買ったシンセ)で即興一発録りした音源”SH-101: A Space Odyssey“は配信サイトOTOTOYの特典になりました。 TR-808を手に入れたのは平成になったばかりの90年代初頭(正確に何年というのは忘れた)。憧れの機材を店で見つけて、つい買ってしまった。それまでも中古で売ってることは知っていたが、たまたま勢いというか、衝動買いというのに近い(ローンでしたが)。買ったものの、結局MIDI同期が出来ないので制作で使うことはなく、サンプリングした記憶と単に「本物」を鳴らして遊ぶくらいで殆ど押し入れに入っていた。あとは実験的に808を使った即興LIVEを数回演ったこともある。それでも「実機」を持っているという価値で手放すことは考えてなかったが、置いといて眺めて満足、的なことも特になく、「持っている」ことにも飽きて、ついに昨年引越を機に手放してしまった。今まで色々と機材を売ったが、買った値段より高く売れた唯一の機材である。 > Riow Arai (TR-808) vs Captain...

キャプテンミライ スリーディーロック リョウアライ リミックス

昨年の10月にニコ生で一緒に番組をやっているキャプテンミライのボカロ(ボーカロイドの略)曲をリミックスして視聴者向けダウンロードプレゼントをしましたが、1年以上経過したのでYouTubeに一般公開しました。僕自身はボカロ(ボーカロイドの略)はやりませんが、リミックスはやりますのでヨロシクです。 > Spin-Off Album “Drum Dub Delay” release!!! > ブロードウェイヴ >...

YouTube – RIOW ARAI – DISCOGRAPHY

< YouTube – 再生リストのリスト – PLAYLIST > ↑↑↑↑↑YouTubeにて今までの試聴用アルバムダイジェストを連続で試聴出来る再生リストを作成しました。 作業用BGMにもどうぞ。

YouTube – SPACE (SAMPLE & HOLD)

先月お蔵出し音源をYouTubeにuploadしてみたが、長時間の動画ファイルを作るにはなんだかんだ手間がかかるので、どのみち映像がいらないのならば、やはりSoundCloudのアカウントをさらに増やすしかない、というのもまた新たな音源をuploadしたくなったからであって、それがまた60分もあるものなのだから(SoundCloudのフリー版は計2時間まで)。こういった類いの音源は非常にリリースしづらいが(仮にiTunes Storeの場合、60分というアルバム1枚分に相当する長さだからといって1曲は1曲なのであり1500円という値段はつけにくい、しかし150円では納得いかない、ゆえにリリースしづらい)、昨今ニコ動から発した「作業用BGM」という都合の良い概念によりネット上から聴いていただくことで漸く存在価値を見出せた感がある。という体たらくで、今回は知り合いからお借りしたRoland SH-2を鳴らして録音したものをタイマー代わりにもなる60分ジャストの長さにした。なお、30〜40分あたり(波形が凹んでるところ)は録音しながら寝てしまっていたママの無操作状態(但しレゾナンスは発信中)。ということで睡眠導入用もかねた作業用BGM<宇宙空間編>といったところ、意外と夏向きなひんやりサウンドになってるかと思います。御自由にお使い下さい。 作業用BGM 【宇宙】 SPACE (SAMPLE & HOLD) – RIOW...

oykno – YouTube

DATの整理をしていたら、或るセッションが録音されていたのを発見した。完全に忘れていた音源で、いつ頃のものかもわからない。シンセはSH-101だということはわかり、converterで同期させているのは確かだが、他の音をどうやってやったのかが思い出せない。これは自分にとっては珍しいこと。今まであれば、こういう類いの作品はSoundCloudにuploadするところだが、SoundCloudのfree登録だとupload出来る曲の合計時間が決まっているので、この曲をuploadするには既に足りなくなっており(且つ他の曲はまだ消したくない)、今回その録音のまま編集せずにYouTubeにuploadしてみた。ついこの前までYouTubeはupload出来るデータの時間制限があったのだが、いつの間にかウヤムヤになっており36分の曲がupload出来、今後はSoundCloudもいらぬ、とも思う次第。録音したものにタイトルはついておらず(DATにメモもなかった)ので、今回任意に「音響(ONKYO)」 を逆さにして「oykno」としたが、特に意味がないので他にいい言葉が思いついたら変更するかもしれない。映像も特に意味はなく、真っ暗でも良かったのだが、YouTubeなので一応つけましたが、目をつぶって音だけ聴いてもらってOKです。作業用、読書用、不眠用、xxx用BGMとしてどうぞ。 8/8、長年定番として親しまれたマイルドセブンを何の脈略もなく(と思われる)メビウスに改名するというニュースをうけ、その軽い衝撃からoyknoからmöbius(JTが決めたスペルは”MEVIUS”)にタイトルを変更しました。

FA (original version)

97年に音楽を担当をしたゲーム『フロントミッションオルタナティヴ』から15年が経った。だからというわけではないが、今回思い立って設定場面にあてた4種類の曲のオリジナルヴァージョンをYouTubeにupしてみた。何故この4曲だったのかというと、これらはゲーム用に書き下ろした曲ではなく、ゲームに関わる前に作ってあったオリジナル作品であり、今回そのお蔵出しである(新たに手は加えていない)。制作時期は93〜96年のもの。 結果的にゲームには40曲必要だったので、全て書き下ろしでもなく、既にあったストックの中から使えそうなものをゲーム用にアレンジしたものが何曲かあり、一番最初に用意したのはオープニングテーマ(実はこれもストックの中に原型の曲があった)、次に必要とされたのが4つの設定場面の音楽であり、初期の作業はストックの中から使えそうなものを選んでいったと記憶している。しかし全てにおいてシーンにはまるように曲を再構成し、トラックや音の制限などもあったのでリアレンジを行い、ゲーム用のプログラムに書き換える作業をしたので、単にストックを流用したのと違うことは、今回upしたものとゲーム内のものとを聴き比べてもらえればわかってもらえると思う。 40曲の内訳としてはオープニング/エンディング、設定場面4種、そしてメインであるバトルフィールドが多数。1つのバトルフィールドが2〜3シーンで構成されてるものもあるので、1つの曲のヴァージョン違いという関連性を持たせて一括りとした。 サントラ盤(CD)の作業としては、まず全曲を収録するには1枚のCDに収まらないことは明白だったが、2〜3枚組のものは出せないとのことだった。であるなら、このゲームの場合、曲で使う音色をかなり圧縮して組み込んでいたため、内蔵音源のまま収録することはやめて、サントラには圧縮前の音を使い(要は作曲した時のオリジナルの状態)、バトルフィールド内の2〜3ヴァージョンを1つの曲として聴けるように繋げるリアレンジをし、リミックスというほど変えてもいないので、オフィシャルリアレンジヴァージョンとして制作。問題の選曲に関して、そもそも全曲収録は不可能であるから、ゲームを知らない人でも1つのテクノアルバムとして聴けるようにバトルフィールドの曲を中心に選曲(ただでさえバトルフィールドの曲は多く、網羅出来ないので優先し、設定場面の曲は思い切って排除)し、オープニング〜バトルフィールド〜エンディングというシンプルな構成にした。結局、内蔵音源完全版が別でリリースされていれば何も問題なく、勿論こちらも希望したが却下されたので、このようなサントラしか存在しないために、全曲収録じゃない点(あれが入ってない、これが入ってない等)、設定の音楽が入ってない点、ゲーム内の音と違う点等々いまだに文句を言われ続けることになる。曰く付きと言われたサントラは発売数年後に廃盤になったが、ヤフオク等で高騰したこともあり9年後に再発された。この再発の知らせを受けた時に散々文句を言われた設定の音楽を新たにボーナストラックとして追加することを提案したが、全く同じものを出す(要は再発というより再プレス。但しケースは安い透明プラに変更)と却下された。インナーもそのままのため、自分のHPやメルアドもドメインを取る前の古いままである(Not Found)。 ちなみにサントラ収録の’Bonus’という曲はCDのボーナストラックという意味ではなく、当初ボーナスステージが予定されていたので、それ用に作ったものである。当時ゲームとサントラを同時に発売するために発売日に間に合うようサントラのマスタリングを済ませたのだが、その後ゲームの発売日が延期され、その間にボーナスステージはなくなった。しかしCDのマスタリングをやり直すことはなく、そのままリリースされ、本当にCDのボーナストラックになってしまったという経緯である。 兎に角、このサントラに決着をつけるには内蔵音源完全盤をリリースするしかないであろう。今だったら当時のプログラムデータを変換してDAWにインポートし、各トラックの音を補正し、マスタリングすることが可能であると思うのだが… 。 内蔵音源完全盤をご希望の方はこちらではなく、スクウェアエニックスにリクエストして下さい。 > Happiness...

中野ブロードウェイヴ #3

【ニコニコミュニティ】キャプミラP【CaptainMirai】バイバイレコード コミュニティ 4月6日(金)、ボカロPのキャプテンミライとニコニコ生放送を聖地・中野から行う予定です。 配信開始は大体20〜21時くらいのアバウトな感じで予定してますが、ニコ生のシステムとして配信を始めてURLが決まるシステムなので配信開始後にtwitterでお知らせします。さらにシステムとして1回につき30分の配信しか出来ないので、それを何回か繰り返し、その都度URLも変わり、随時tweetでお知らせという流れになります。前回は5部までやりましたが、何部までやるかは、当日のノリで決まる感じです。色々お手数ですが、当日tweetを追いかけて下さい。 配信後記 (4/10) まず30分ずつという枠にだいぶ慣れてきた。30分ごとに話題を区切れるということで大した内容でないにしろ、構成はしやすくはなる。今回は4枠、これが基本になりそうだ。前回からコンデサーマイクでひろうことになったが、ミキサーはアナログで、PCとの接続にはオーディオインターフェイスをかましていたが、今回からその両方を兼ね備えたUSB接続のミキサーにした。実はこれ去年の3月の震災前にUSTREAM用に買っておいたのだが、使う機会がなく未開封状態であったのを1年経ってようやく使った次第。ということで、3回目にしてようやく機材のセッティングが定まった。そして今回は懸案だったセッションも実現。1回やる毎にクライアントが出来たり機材が定まったり着実に進化してるのだが、それに応じて(?)収録に使わせてもらっている会社が引越すことになり、存続が危ぶまれたが、無事移転先でもやらせていただけるとのことなので、有り難くまだ続きますが、収録場所変更に伴い番組タイトルも変わります。 3枠目にやったキャプテンミライ自作シンセとリョウアライ持参TR-808による即興セッションをSoundCloudにuploadしました。(4/12) SoundCloudからYouTubeに移行しました。(2013/9/21)

break literacy on YouTube

2003年にリリースした”Device People“というアルバム収録の’Break Literacy‘という曲が何故か世界中のどこかのダンサー用の音楽として使われており、最近YouTubeにいくつかuploadされています。

REDSOUND – FUNKY OPINION @ YouTube

SpaceShowerとmyspaceによる裏MyXのプロモーション期間を終え、以前もお知らせしましたREDSOUND x GRIND DISCOよりFUNKY OPINIONのPVがYouTubeにuploadされました。 最近のYouTubeは高画質になっているので一度観た方も新たな発見があるかもしれません。

REDSOUND x GRIND DISCO @ YouTube

7/15にリリースされる”REDSOUND x GRIND DISCO“のリリースに先駆け、現在期間限定無料配信中ですが、ダウンロードが面倒くさい、音楽はもはやYouTubeでしか聴かない!という方々のためにYouTubeにuploadしました。無料配信中の2曲をYouTube用にDJmixしています。いわゆるPromotion Videoではありません。 > REDSOUND – FUNKY OPINION @...

YooouuuTuuube

http://www.yooouuutuuube.com/ YouTubeの動画を上記画像のような連続マルチフレームに変換して再生するサイト。 example: Death Breaks – http://www.youtube.com/watch?v=e37ca7bWKas

Lab Partner Mix

Lab Partner Mix from AdamPellinDeeve on Vimeo. DJmixなどはよくありますが、PVをDJのようにmixしていく、YouTubeのプレイリストみたいな連続再生じゃなくて、映像をDJ感覚で繋いでいく感じです。そんなの前からありそうで思いつくことだし、技術的にもとっくに出来たのでしょうが、自分はこういうの観るの初めてで新鮮でした。しかもYouTubeの画質だと萎えますが、vimeoだと良いです。 > SURVIVAL SEVEN...

DEATH BREAKS.PV

今回作ってくれたのはLA出身のアメリカ人で東京在住、W+KのShane Lesterです。 “SURVIVAL SEVEN“にはenhanced仕様でこのPVが収録されています。 新しいアルバム”SURVIVAL SEVEN“には今回enhancedCDとして’DEATH BREAKS’のvideoが収録されていますが、TVで視聴したい方はSPACE SHOWERヘ是非リクエストをお願いします。

Election P.V.

見知らぬvideo作品に”rough machine“に収録の’Election‘が無断使用されていたのを発見。 > www.pliink.com

いまさらなLIVE映像

BARKS-Riow Arai : DJ (SKAM @ LIQUIDROOM 2002/05/25) SKAMの来日公演の前座で2時間やりました。この映像は中盤あたり(多分)。 PLAY中のトラックは”mind edit...