MP3の思い出をミキロフさんに語っていただきました。

MP3の思い出 by ミキロフ この度は”MP300(エムピースリーハンドレッド、なんてゴージャスなタイトルの響きなんでしょう)”の発売、本当におめでとうございます。私がリョウアライさんのHPで初めてMP3の配信をダウンロードして聴いたのは今から13年前の1999年初頭。前年の98年、友人であるmatsu&takeから「Web_Site_Again(当時のアライさんのHP名)のMP3コーナーが面白い」という情報を吹き込まれながらも、まだ自宅にネット環境の無かった私は松竹家のMacでしばらくの間指をくわえつつ聴かせてもらいに行く日々が続きました。ちなみにその頃アライさんとは面識はなく、所有していたフロッグマンレコーズのコンピレーションCDで名前を認知していた。その後99年の明けに発売された(今や懐かしい…)5色バリエーションになったばかりのiMacG3 266MHzを思いきって購入、ネット開通後最初にアクセスしたサイトがアライさんのHPだったのを、今これを書きながら思い出しました。 人生初のダウンロード行為もどこぞのエロ画像などではなく、Web_Site_AgainのMP3ファイル(これ本当です)だったなぁ。当時はMP3フォーマットを用いてオリジナル曲の配信をしていること自体が、今では考えられないですけどとても革新的だったんです。MP3という圧縮形式も確か出始めの頃で、海外の一部の音楽マニアが趣味でやってるようなページで稀にオススメ曲紹介用にMP3でサンプルを置いていたりしたのを見かけましたが、国内アーティストのHPで自作曲のフル配信(しかも無料で)をやってる人は極少数だったと記憶しています。それは思うにいわゆるテレホーダイタイムの時代、ネット接続がダイヤルアップか僅かに速いISDNくらいしか無かったので、なかなか物理的にも成立しなかったことなのかもしれません。 アライさんMP3コーナーの全盛期は配信開始当初から2000年いっぱい辺りまでがアップロードのペースを見てもほぼ週1で2曲(!)ずつ、私含め落とす側もうっかりしてると更新チェックをする前に次の更新になっていたりするので(サーバー容量の制限で新曲アップの際、過去曲は削除されていた)その頃はかなりマメにHPを訪れては更新お知らせのNEW!文字の有無を確認していました。大体いつも金曜の夜更新だったので、金曜日は朝日放送の探偵!ナイトスクープ(関西圏での放送日)を観た後にネット開いてアライさんのMP3更新チェック!の曜日として数年間自分の中だけで定着。言い過ぎかもしれませんがWebSiteAgainでのMP3コーナーの存在が完全に生活の一端として密着するほど更新を追いかけていたんです。毎週、若干数百KBのファイル一つ落とすのにプロバイダの調子が悪いときは10~20分かかった苦心のダウンロードも今となっては良い思い出として残っていますね(という経緯/経験もあり、06年の200曲再アップや09年の100曲再アップ時は少し嫉妬しました!)。 アライさんブログのMP3リスト 01/07/07に’adsl’という曲があり、この前後から1曲毎の容量がちょっと増えていきますが、当時の私が送った感想メールに対してアライさん曰く「ADSLに乗り換えました。なのでアップロード容量も必然的に増え、曲名も記念に’adsl’」というような明解な内容の返信があったことを今でも覚えています。未だダイヤルアップでダウンロードを頑張っていた身としてはこの辺で初めてのピンチを感じました(落とせないこともなかったのですが時間がかかり過ぎた)。時期を見て私もけっきょく電話回線から高速回線に乗り換えたのは言うまでもありません。メールの話で補足しますと、初めてダウンロードさせていただいた頃からなんとなく毎回感想メールをアライさんに送り続けていましたが、例えどんな些細な感想であってもいつも即(本当に速かった)長文で丁寧に説明や解説の返信をいただいていました。あの時期のMP3に関してやり取りしていたメールのデータはもう見失いましたが、もしあってしっかり編集を施せばなかなか痒いところに手のとどくリョウアライMP3解剖本が作れたと思います。当時HPにはBBSを設置されていて(何か更新がある度にコロコロ入れ替わるトップ画像にBBSへのリンクが埋め込まれた仕様だった。ので、たまに画像が小さ過ぎるとBBSの入口が分からなくなることもあった)感想などはそちらに書き込んだこともありました。 そんなこんなありつつでMP3をきっかけにアライさんとのメールやネット上での交流が次第に深まり、99年夏には私や松竹・ヤベミルクらで京都にて行っていたクラブのイベントにゲストで出ていただき、それまでアップされていたMP3トラックを軸にしたCDJプレイ(アライさんご自身としても初の試みでした)をしていただくまで展開していったわけです。私にとってアライさんHPのMP3コーナーはインターネット経験の原点でもあり、青春そのものと言っても過言ではありません(しみじみ)。”MP300“、その規格外のボリュームは勿論のこと、理屈抜きで面白い盤だと思いますので、少しでもたくさんの音楽好きの方に聴いてほしい作品です。 >...

ディスコサヴァイヴァル発売間近

DJ MJが作ったMIX(というよりModeDownの実況録音盤)が9/25に発売予定ということで、現在全国のお店にサンプルなどを送ってオーダー(問い合わせ: Imagined Records)を承ってる段階であります。早速、静岡のPERCEPTOさんがModeDown未体験ながらも中毒になられてるようで大変嬉しい限りです。今回自分からはこのMIXの内容・出した理由・何故DISCO?などの説明はしないつもりですが、このPERCEPTOさんに書いてもらった事が割と全て、というような感じなので満足です。 PERCEPTO Days 060911 PERCEPTO Days 060912 PERCEPTO...

ModeDown 出演者募集

ModeDownは2006年から金曜に開催します。 それに伴いメインフロアのレギュラー陣に加えてラウンジでプレイする人(4組)を募集します。 次回は1/20(金)23時より。出演希望の方はメールして下さい。 メールアドレスはこのblogのtopに書いてあります。20日までにメールいただき、出演が決まればフライヤーに名前を載せることが出来ます。ラウンジは機材に限りがあるので基本的にはDJが好ましいです。かけるジャンルは問いません。募集は毎回するつもりですので出演が決まっても次回から毎回出演するレギュラーということではありません。ギャラは出ません。1組の持ち時間は1時間が基本になります。質問があればコメント欄にお願いします。 #現在は募集していません。

出張、モードダウン!

昨晩は中野HeavySickZero3周年祭り。自分で意外ながらもRiowAraiとして東京でLIVEをやるのは久しぶりで約4ヶ月ぶりでありました。お祭り気分でお客サンも入って盛り上がり、DUCTと共に無事終了。そして誰にも頼まれてないがDJ用CD持参、確信犯的に根拠なく確実にやれそうな気配でお約束になった5時からのラウンジDJ、出張(早朝)ModeDownがスタート。モードダウナーにはお馴染みのMJからROCKY〜どこまでもベストヒット80’s、まだまだ攻撃で2時間強。やれやれという感じで最後に’Time After Time’で締めかかった後、ABBA2連発という流れでModeDownをアッピール。

MDWフライヤー作り

昨晩、中野HeavySickZeroさとうけんすけ店長宅で9月に行われる関西版ModeDownのフライヤー作り。 概ねネタは決まってたのでなんとなく2時間くらいで終わると思ってたのが甘かった。いつもは表フルカラー・裏モノクロなのだが、今回は両面フルカラーということで色付けが増え、アイディアも増え、回を重ねてきてModeDownフォーマットが決まってるのにも関わらず、6時間以上かかってしまった。フォーマットあれど、まだまだ無限の可能性がある。画像はフライヤーの一部だが、山の線に沿って文字を並べるとか、そういうことを思いついてそれに店長が応えてくれる。っていうか店長も相当細かい作業が好きなようで有り難い。そうやって毎回作られるわけだが、特にパッと見こう何気ないフライヤーでも、それなりに色々手がかかってるわけである、というのを貴方に押し付けたい気もしつつ、ものづくりの基本を自分自身に改めて言い聞かせた次第。

fourthfloor de DJ

ロックDJの翌日(というか殆ど続けて)は吉祥寺FourthFloorでDJ。アサイ君も中野HeavySickZeroと連続。ちなみに前にModeDownでルビオラを呼んだ時もZERO〜FourthFloorのスケジュールで自分も同行、共に関西から来京、その時とダブる。そして二人共2回目のFourthFloorのLIVEの方がリラックスして良い感じ。ombが欠席されたので自分のDJの時間が増えて90分に。昨夜のロックDJは突発的にやるから面白いのであって、この日は元々最近聴いてるCDをザックリかける予定であり、どっちみち気分的にも昨日と打って変わった感じも楽しみつつ… 根拠なく1曲目だけ決めていてDevlargeからスタート。以下順不同。いまだに名前をスラッと言えないStina Nordenstam、FourthFloor用HipHopという感じでOffwhyte、ややお洒落な感じでManzel、HipHop多過ぎで少し反省という感じでPete RockとGang Starrインストを繋げ、仙台で買ったNobody、ブレイクビーツやや大人な感じでFlevans、メジャーもの織り交ぜでDe La Soul、このハコではこれをかけたいという感じでMachine Drum、途中で自分のILL SUONOリミックス、スカスカ加減が程よいBeans、単調さを崩すために変化球としてThe Beakers、さらに未知のビートへ行くためにMu、FourthFloorからJetSetに寄りそうな感じでDiscotheque、Rhythm&Soundは何かマズイ空気に支配されそうな気がしたのでかけず、同じくレゲエの女性ボーカルものSusan Cadoganで回避、次のアサイ君のことを考えてエレクトロニカ方面にstyrofoam、Microhate、ソフトロックも許されるような気がしたのでEternity’s...

rock by liberty

4/15(金)に中野HeavySickZeroで行われたイベント”Hemoglobin Sweep Zillion”にimagined recordsのヒロアキ・アサイが出るので観に行く。というかその前にイマコミのアサイ君とカマチ君をJR中野駅からZEROに案内する。この日、ZEROでは上のフロアと下のラウンジで別々のイベントかと思われる様相でアサイ君はラウンジでLIVE。そしてラウンジのタイムテーブルのam4:00以降が空いていたので、店長の了承を得て急遽自分がDJすることになる。 am3:30過ぎにZEROの並びのレンタル屋(24時間営業。開いててよかった)に行ってDJ用のCDを急いで20枚レンタル。上のフロアの雰囲気からして今日はROCKだと思ったので初めてROCK中心のセットで挑む。根拠のない確信でもってDavid Bowieのジギースターダストからスタート、以下内訳順不同。意外とクラブ向きじゃないなと思いつつThe Beatles、その対比としてクラブ向きだったThe Rolling Stones、やっぱりこれが当たりだったという感じでJimi Hendrix、なんだかんだ皆好きなU2、1曲しか好きじゃないLenny Kravitz、新旧織りまぜを意識するが同じく1曲しか知らないBlur、1曲も知らないが多分好きな人がいそうだったので闇雲にかけたThe...

06:38:53.70

先日紹介したR-1でModeDown4を完全収録。タイトルの数字は収録時間。 MP3モードならではのイベントを通しで長時間録音。関係者だけで楽しく聴いてます。

深夜HeavySickZEROにて

早くも来年1月に行われるModeDownのフライヤー作り。本日のイベントが終わった深夜の中野HeavySickZEROのラウンジフロアにて。僕はネタを持ってきて横であーだこーだ言うだけで実際のオペレイトなど細かい仕上げ作業はさとう店長にやってもらっている。お世話になっております。そのオペレイトの束の間、上のフロアで残ってた店員のミヤさんとユウジがドラムとターンテーブルでセッションしてたので、自分も乱入してドラムを叩く。ドラムを叩くのは今年初めてかと思いきや、春にツジコノリコのLIVEで叩いたということを帰宅してから思い出す。

ModeDown2にて

謎のバックパッカー、ラファ・テイラー。本当に中野まで来られるのか、心配してましたが、無事到着、見事なヒューマンビートボックス&ラップを披露してくれました。皆、想像を超えるパフォーマンスに喜び、録音or録画しておけば良かったと後悔。来れなかった人もマジで後悔して下さい。 lafataylor.com > 11 / 25 (THU) MODEDOWN2