TR-808: A Space Odyssey



Rolandより往年のリズムマシンTR-808やTR-909を現代風に蘇らせたTR-8が発表/公開されたタイミングでYouTubeにTR-808(実機)で即興一発録りした音源をuploadしました。これは昨年5月にリリースした”FREEDOWNBEAT“の特典用に作ったものの、結局お蔵入りしていた音源です。同じ様にSH-101(自分が最初に買ったシンセ)で即興一発録りした音源”SH-101: A Space Odyssey“は配信サイトOTOTOYの特典になりました。

TR-808を手に入れたのは平成になったばかりの90年代初頭(正確に何年というのは忘れた)。憧れの機材を店で見つけて、つい買ってしまった。それまでも中古で売ってることは知っていたが、たまたま勢いというか、衝動買いというのに近い(ローンでしたが)。買ったものの、結局MIDI同期が出来ないので制作で使うことはなく、サンプリングした記憶と単に「本物」を鳴らして遊ぶくらいで殆ど押し入れに入っていた。あとは実験的に808を使った即興LIVEを数回演ったこともある。それでも「実機」を持っているという価値で手放すことは考えてなかったが、置いといて眺めて満足、的なことも特になく、「持っている」ことにも飽きて、ついに昨年引越を機に手放してしまった。今まで色々と機材を売ったが、買った値段より高く売れた唯一の機材である。

> Riow Arai (TR-808) vs Captain Mirai (DIY Synthesizer) Live Session