by
on
under gadget
Permalink

SP1200 改造・交換とメンテナンス


昨年、”FREEDOWNBEAT“のプロモーションの流れでSound & Recording Magazineから取材してもらったのですが、その撮影の際にSP1200を持ち出してみると色々と調子悪く、ディスプレイも一部欠けが見られたことから(この欠けてる様子は掲載された写真でわかります)、MPC等のカスタムを手掛けられているghostinmpcさんにディスプレイを交換(というか改造)とメンテをしてもらいました。
> SP1200 液晶交換 | ghostinmpc – MPC customize & repair


無事に交換とメンテが終わり、このあとSP1200でアルバムを制作する予定でしたが、スピンオフで”Drum Dub Delay“の制作に入ったので、先延ばしになりました。
そして12月に”Drum Dub Delay“もリリースされ、改めてSP1200でアルバムを制作するにあたり、本体はフロッピーディスクドライブで記録する仕様を(何せ80年代の機材ですから)SDカードドライブに改造出来るということで、再びghostinmpcさんにお願いしました。その際にサンプルにノイズがのるという症状もあったようなので、CPU交換もしてもらいました。
> SP1200 SDカード改造について | ghostinmpc – MPC customize & repair
> SP1200 SDカード改造について その2 | ghostinmpc – MPC customize & repair


SP1200を買ったのは97年(よって黒パネルの復刻版)ですが、サンプリングは10秒しか録れないので、今までは本体で保存せず、サンプリングした音を全てASR-10にリサンプリングして制作してました。購入から15年以上経ち、今更SP1200本体でプログラミングしたいと思うようになったので、今回のような改造・交換とメンテナンスをしました。古い機種ながらも、それを可能にしてくれたghostinmpcさんに感謝です。


> SEARCH RESULTS FOR: SP1200