by
on
under column
Permalink

大日本の硬貨

coin.jpgcoin2.jpg
いつの間にか財布の中に「大日本 昭和十六年 十銭」という硬貨が入っていた。多分数日前にどこかでもらった釣り銭の中に紛れ込んでいたであろうが、渡した方ももらった自分の方も1円玉だと思い込んでいたということだ。いつからか、戦時中からなのか、そうやって人々に気付かれずに、何年も生き延び、店のレジや人の財布(ATMや自販機、つまり機械ではおそらくはじかれる)に忍び込んできて、自分のところにやってきた。しかしそれが十銭とわかった以上、1円としても使えないのであり、その瞬間に彼のお金としての役目は終わったのである。調べてみたが、残念ながら古物としての価値もない。終銭記念日。