by
on
under Culture
Permalink

ポストパンク・ジェネレーション 1978-1984

ポストパンク・ジェネレーション 1978−1984

本書におけるポストパンクとはパンクっぽい音楽を継承したものだけではなく、ピストルズ解散以降のUKシーンの様々が綴られている(2トーン、ニューロマ、インダストリアルその他諸々)。この時代、日本ではポストパンクとはいわず、ニューウェイヴということで一括りにしてたと思うが、この本ではニューウェイヴという表現がないのが気になりっつ、内容はPublic Image Ltdから始まり、ZTTで終わるが、マルコムマクラレンとジョンライドンの決裂〜マルコムとトレヴァーホーンの邂逅(Duck Rock)〜トレヴァーとFGTHの決裂というクロフェードが「歴史は二度繰り返す。最初は悲劇として、二度目は喜劇として」になっていたようで面白かった。