Recommends-2011/8

BangsWorks.jpgdjroc.jpg “VOL.1-CHICAGO FOOTWORK COMPILATION” BANGS & WORKS

Planet Muが送るjukeと呼ばれるスタイル。bpm160という高速なグルーヴに合わせて踊る「フットワークダンス」の為の音楽。

machinedrum2011.jpg “ROOM(S)” MACHINEDRUM

NYの奇才ビートメーカーもjukeに挑戦というわけですが、近年他の作風のアルバムもあり、来年辺りはまた違うことやってる可能性もあり。

mountkimbie.jpgmountkimbie2.jpg “CROOKS & LOVERS” MOUNT KIMBIE

BURIALJAMES BLAKEと並ぶポスト・ダブステップの旗手。アンビエンス漂うシンセ・ループと物音サンプリング、声ネタのカットアップ。

comtruise.jpg “GALACTIC MELT” COM TRUISE

Ghostly Internationalよりシンセとドラムマシーンによるスタイルは’Mid-Fi Synth-Wave’或いは’Slower-Motion Funk’だそうです。

annirossi.jpg “HEAVY MEADOW” ANNI ROSSI

米女史SSWセカンド。アレンジはリズミカルながら、独特にミニマムなアンサブルにノンエコーの声が気持ちいい感じです。

javieramena2010.jpg “MENA” JAVIERA MENA

南米チリ女史SSWセカンド。数年経ったが、路線は傑作ファーストの延長。結構日本だけで売れる洋楽になりそうな気もしたが…

JeanetteLindstrom.jpg “ATTITUDE & ORBIT CONTROL” JEANETTE LINDSTROM

スウェーデンのジャズシンガー、シャネット・リンドストレム。Robert Wyattも参加、ジャズと思わないで聴いた方が楽しめます。

kittydaisylewis2.jpg “SMOKING IN HEAVEN” KITTY, DAISY AND LEWIS

セカンド。このオールド感・ヴィンテージ感にはもう慣れてしまったものの、スピリットは変わらず、楽しめます。

markfell.jpgmarkfell2.jpg “MULTISTABILLITY” MARK FELL

Raster-NotonよりSNDメンバーソロ。音楽じゃなくて音が楽しめます。ランダム、リズムキープなし、風鈴のような電子音。

diskJokke.jpg “SAGARA” DISKJOKKE

ジャケ通りオヤスミ中に聴く音楽。こういう音楽はなくならず、こちらがまた聴きたいモードになれば、すぐ出会えるわけである。

brianeno_warp2.jpg “DRUMS BETWEEN THE BELLS” BRIAN ENO AND THE WORDS OF RICK HOLLAND

WARPに来てイーノ先生の創作意欲が増している。しかもグルーヴィな作風で意表をつかれた。勿論アンビエントな良さも含みつつで大満足。

bookert_roots.jpg “ROAD FROM MEMPHIS” BOOKER T.JONES

MG’sROOTSも好きだが、まさか一緒に演るとは思わなかったものの、これはもう実に必然的なセッション、めぐり合わせ。