by
on
under ModeDown
Permalink

MP3の思い出をミキロフさんに語っていただきました。

mp300_silver.jpgMP3の思い出 by ミキロフ



この度は”MP300(エムピースリーハンドレッド、なんてゴージャスなタイトルの響きなんでしょう)”の発売、本当におめでとうございます。私がリョウアライさんのHPで初めてMP3の配信をダウンロードして聴いたのは今から13年前の1999年初頭。前年の98年、友人であるmatsu&takeから「Web_Site_Again(当時のアライさんのHP名)のMP3コーナーが面白い」という情報を吹き込まれながらも、まだ自宅にネット環境の無かった私は松竹家のMacでしばらくの間指をくわえつつ聴かせてもらいに行く日々が続きました。ちなみにその頃アライさんとは面識はなく、所有していたフロッグマンレコーズのコンピレーションCDで名前を認知していた。その後99年の明けに発売された(今や懐かしい…)5色バリエーションになったばかりのiMacG3 266MHzを思いきって購入、ネット開通後最初にアクセスしたサイトがアライさんのHPだったのを、今これを書きながら思い出しました。

人生初のダウンロード行為もどこぞのエロ画像などではなく、Web_Site_AgainのMP3ファイル(これ本当です)だったなぁ。iMacG3.jpg当時はMP3フォーマットを用いてオリジナル曲の配信をしていること自体が、今では考えられないですけどとても革新的だったんです。MP3という圧縮形式も確か出始めの頃で、海外の一部の音楽マニアが趣味でやってるようなページで稀にオススメ曲紹介用にMP3でサンプルを置いていたりしたのを見かけましたが、国内アーティストのHPで自作曲のフル配信(しかも無料で)をやってる人は極少数だったと記憶しています。それは思うにいわゆるテレホーダイタイムの時代、ネット接続がダイヤルアップか僅かに速いISDNくらいしか無かったので、なかなか物理的にも成立しなかったことなのかもしれません。

アライさんMP3コーナーの全盛期は配信開始当初から2000年いっぱい辺りまでがアップロードのペースを見てもほぼ週1で2曲(!)ずつ、私含め落とす側もうっかりしてると更新チェックをする前に次の更新になっていたりするので(サーバー容量の制限で新曲アップの際、過去曲は削除されていた)その頃はかなりマメにHPを訪れては更新お知らせのNEW!文字の有無を確認していました。大体いつも金曜の夜更新だったので、金曜日は朝日放送の探偵!ナイトスクープ(関西圏での放送日)を観た後にネット開いてアライさんのMP3更新チェック!の曜日として数年間自分の中だけで定着。言い過ぎかもしれませんがWebSiteAgainでのMP3コーナーの存在が完全に生活の一端として密着するほど更新を追いかけていたんです。毎週、若干数百KBのファイル一つ落とすのにプロバイダの調子が悪いときは10~20分かかった苦心のダウンロードも今となっては良い思い出として残っていますね(という経緯/経験もあり、06年の200曲再アップや09年の100曲再アップ時は少し嫉妬しました!)。

アライさんブログのMP3リスト 01/07/07に’adsl’という曲があり、この前後から1曲毎の容量がちょっと増えていきますが、当時の私が送った感想メールに対してアライさん曰く「ADSLに乗り換えました。なのでアップロード容量も必然的に増え、曲名も記念に’adsl’yahooADSL.jpgというような明解な内容の返信があったことを今でも覚えています。未だダイヤルアップでダウンロードを頑張っていた身としてはこの辺で初めてのピンチを感じました(落とせないこともなかったのですが時間がかかり過ぎた)。時期を見て私もけっきょく電話回線から高速回線に乗り換えたのは言うまでもありません。メールの話で補足しますと、初めてダウンロードさせていただいた頃からなんとなく毎回感想メールをアライさんに送り続けていましたが、例えどんな些細な感想であってもいつも即(本当に速かった)長文で丁寧に説明や解説の返信をいただいていました。あの時期のMP3に関してやり取りしていたメールのデータはもう見失いましたが、もしあってしっかり編集を施せばなかなか痒いところに手のとどくリョウアライMP3解剖本が作れたと思います。当時HPにはBBSを設置されていて(何か更新がある度にコロコロ入れ替わるトップ画像にBBSへのリンクが埋め込まれた仕様だった。ので、たまに画像が小さ過ぎるとBBSの入口が分からなくなることもあった)感想などはそちらに書き込んだこともありました。

そんなこんなありつつでMP3をきっかけにアライさんとのメールやネット上での交流が次第に深まり、99年夏には私や松竹・ヤベミルクらで京都にて行っていたクラブのイベントにゲストで出ていただき、それまでアップされていたMP3トラックを軸にしたCDJプレイ(アライさんご自身としても初の試みでした)をしていただくまで展開していったわけです。私にとってアライさんHPのMP3コーナーはインターネット経験の原点でもあり、青春そのものと言っても過言ではありません(しみじみ)。”MP300“、その規格外のボリュームは勿論のこと、理屈抜きで面白い盤だと思いますので、少しでもたくさんの音楽好きの方に聴いてほしい作品です。




> new disc “MP300″ release!!!