by
on
under gadget
Permalink

インナーイヤーヘッドフォン 2

ninewave イン・イヤー ヘッドホン NW-STUDIO XNIW551211

去年こちらのイヤフォンを買ったが、長年の習性でパッドをつけないで使用していたため、半年くらいでグリルがもげて使いものにならなくなった。つまり今まで代々グリルがダメになったのはパッドをつけてなかったから、という簡単な事が今更ながらわかった次第。単にカッコ悪いという理由でパッドをつけてなかったのだが、そういう志向はあながち間違いでもなくiPhone付属のものにはパッドがなく、グリルがもげないような造りになっている。またこのようなレビューもあり。そして買い替えるはめになったタイミングで前回から気になっていた9wの廉価版が出たのでそれを買ってみた(実は半年以上前の話)。買って即tweetしてしまったように、インイヤーにしては低音も出てて迫力があったATH-CM707に比べるとスカスカな印象で落胆したが、とりあえず使うしかないので慣れるのを待つこと半年。流行のカナル型は耳を痛めて難聴になりやすいという話も最近あるので、そもそもイヤフォンに力を入れる気はないが、勿論何でもいいわけではない。ATH-CM707には迫力があったものの、無音時にノイズが聴こえる場合があり、要はブースト気味のチューニングをしてるのではないか、それに比べて9wの印象は音の解像度がクリアで耳にやさしい音というのが現在の解釈。そしてパッドを装着。

ナインウェーブ : 【BARKS編集部レビュー】NW-STUDIO、廉価版という鬼門に9wはどう立ち向かったのか? (1) / BARKS デジモノ