by
on
under YouTube
Permalink

Happiness is a Warm Gun (Ambient Mix 1995)


She’s not a girl who misses much Do do do do do do oh, yeah

94年秋、FrogmanRecordsに送ったデモテープに対してコンタクトがあり、翌95年春にレーベル第1弾コンピに収録されたのが、自分の作品デビューであった。その同じデモテープの不採用曲は既にSoundCloudにuploadしているが、その頃はアンビエント系の作品が主で、その中にビートルズの曲をシンセでアレンジしたもの(歌はナシ)があり、これをFrogmanに持っていったところ好感触だったので、ならばとさらに磨きをかけアンビエントミックスとしたものを制作、チルアウト用として(?)12インチでリリース等の検討がされたが、如何せんジョンレノンの声をサンプリングしているので、まともに使用料を払おうにもビートルズの場合は特に高額なのであり許諾を得るのがそもそも困難、またホワイトで出すには有名過ぎる声なので危険という判断で、結局お蔵入りとなった。当然これは仕方がないといったところでLIVEだけでやるようにして、この件は引きずらず、その後”Again“を制作〜リリースした後に『フロントミッションオルタナティヴ』のサントラを手掛けた際、エンディング曲に合ってるかと思い、このアンビエントミックスのデータを流用(ビートルズのメロをパクった等の意味ではない)、リアレンジして仕上げた。ということで、既にFAの一部の曲のオリジナルをYouTubeにuploadしてあるのだが、今回もお蔵出し音源かつFAエンディング曲のオリジナルヴァージョンという2つの意味がある。このアンビエントミックスについては、そもそもリリースが難しいということもありつつ、制作時の94〜5年はインターネットさえ始めてなかったので、暫く自分でも忘れていたのだが、昨今、YouTubeなどSoundCloudなどで無法地帯的に音源がuploadされている中で今更ながらこれをuploadするということを思いついたわけである。世界中のジョンレノン・ファンに届けば幸いです。

> FA (original version)
> Apple on Apple | ザ・ビートルズ レコーディング・セッションズ完全版