by
on
under column
Permalink

CDの中身が違った。

malcomkipe.jpgmalcomkipe2.jpg
あるCDを買った。最近CDをiTunesに入れて聴くことが多いので読み込ませると違うタイトルが表示された。しかしこういうことはたまにある。CDのデータのどこでその判断してるのか、いまだに謎であるが、既に何回かあったのであまり気にならなかったものの、曲数が違うのは気になった。しかしこれもCDに書いてるあるリストの他にボーナス(シークレット)トラックが入ってる可能性もあるので少し気になったものの、読み込み完了して聴き始めると明らかに音楽の内容が違った。しかし1曲目の時点では呑気にイントロのネタが変だなくらいにしか思わなかったが、2曲目以降も明らかに変だった。盤面は確かに買ったもので間違い。つまりどこからどう見ても自分が買い求めた品なのに、中身が違う。こんなことがあるだろうか。前にB’zのCDがプレス工場の手違いで中身が灰野敬二になってたという話を聞いた記憶(都市伝説?)があるので、ひょっとしてこれは、と思った。そして店に行って確かめてもらい、交換となった。この1枚のプレスだけ中身を間違えたというのは考えにくいので他でもあるはずだが、それは日本ではなく世界のどこかにあるかもしれない。どの位の確率なのか。ともかく中身のいい悪いは関係なく忘れられぬディスクになってしまった。