RIOW ARAI – PROFILE(リョウアライ – プロフィール)

riowarai_96


Riow Arai (リョウアライ) Tokyo, JAPAN.

1969年生まれ、東京都出身。トラックメイカー/プロデューサー。
ブレイクビーツ/エレクトロ/テクノ/ヒップホップ/エレクトロニカ/アンビエント等のオリジナルアルバムを国内外のレーベルでリリース。
また、リミックス/コラボレーション/サウンドトラック/コンピレーションへのトラック提供などを手掛ける他、sonarsound tokyoやLOW END THEORY JAPAN、DOMMUNE等LIVEやDJで多くのイベントに出演。

> DISCOGRAPHY-SOLO | DISCOGRAPHY-WORKS | EVENTS

Twitter
Facebook
SoundCloud
Mixcloud
Instagram
YouTube
rarStore
bandcamp
Amazon
iTunes Store
Spotify




1995年、日本のテクノレーベル・FROGMAN RECORDSに送ったデモテープが認められ、コンピレーション『FROM THE BEDROOM TO THE WHOLE UNIVERSE』に参加。

1996年4月、ファーストアルバム『AgainRyo Arai名義)をFROGMAN RECORDSよりリリースし、正式デビュー。

1997年、スクウェアのプレイステーション用ゲーム『フロントミッションオルタナティヴ』の音楽を制作、オフィシャルリアレンジヴァージョンのサウンドトラック盤をデジキューブよりリリース(この作品よりRiow Arai名義)

1998年6月、セカンドアルバム『Circuit’72』をsoup-diskよりリリース。オフィシャルHPにてMP3配信を開始。2006年頃まで断続的に約300曲をアップロード。

1999年8月、サードアルバム『Mind Edit』をsoup-diskよりリリース。HPから配信していたMP3のトラックから選曲された初のアナログ12インチ『Mind Syndicate』をsoup-diskよりリリース。

2000年、SHIBURAIレーベルの士魂シリーズの12インチに『Circuit’72』に収録の’Wandering‘が収録される。

2001年8月、12インチ『Bitter Beats』をsoup-diskよりリリース。4枚目のアルバム『Beat Bracelet』をsoup-diskよりリリースし、トレードマークと言える骨太なブレイクビーツと独自のエディットスタイルを確立する。

2002年、 HPを独自ドメイン取得によりホームページを「riowarai.com」に変更。

2003年、99年リリースの『Mind Edit』がイギリスのLeafよりライセンスリリースされ海外でも注目を集める。それに伴い、国内盤は『Mind Edit』に12インチ『Mind Syndicate』の音源を追加した『Mind Edit Syndicate』としてsoup-diskよりリイシュー。さらに、12インチ『iBeat E.P.』、5枚目のアルバム『Device People』をsoup-diskよりリリース。

2004年、6枚目のアルバム『Rough Machine』をLibyus Musicよりリリース。

2005年、ツジコノリコとのコラボレーションアルバム『RATN (Riow Arai + Tujiko Noriko)』をdisques cordeよりリリース。アメリカLAのラップグループ、Shadow HuntazのラッパーNONGENETICとのコラボレーションアルバム『RIOW ARAI+NONGENETIC』をLibyus Musicよりリリース。

2006年、アニメ『交響詩篇エウレカセブン』に挿入曲を3曲提供、同サントラ盤リリース。7枚目のアルバム『SURVIVAL SEVEN』をLibyus Musicよりリリース。

2007年11月、8枚目のアルバム『Electric Emerald』をLibyus Musicよりリリース。

2009年4月、5人の女性ボーカリストをフィーチャーした『R+NAAAA』をdisques cordeよりリリース。7月、REDSOUND名義でGRIND DISCO(aka イルリメ)とのスプリットアルバム『DRAG AND DROP』をImagined Recordsよりリリース。11月、9枚目のアルバム『Number Nine』をdisques cordeよりリリース。

2011年、セルフレーベルrar(アールエーアール)を立ち上げ、 12インチのみの音源であったアルバム『Bitter Beats 2011』の配信限定リイシューを経て、10枚目のソロアルバム『Graphic Graffiti』をリリース。

2012年、クレジットカード決済可能なrarオンラインストアを開始。1枚のCDにMP3を300曲収録した『MP300』をオンラインストア限定でリリース。

2013年5月、初の試みであるビートトラックのみで全曲構成された11枚目のソロアルバム『FREEDOWNBEAT』をリリース。12月、リョウアライのドラムとキャプテンミライのベースによるセッションをダブミックスした初の生演奏/非打ち込み作品『Drum Dub Delay』をスピンオフアルバムとして配信限定でリリース。

2014年、PayPal経由だったrarオンラインストアをSTORES.JPにてリニューアルオープン。12月、スウェーデンElektron社のリズムマシンanalogRYTMで制作した12枚目のソロアルバム『HIGH REVOLUTION』をリリース。

2015年、過去(1998年〜2009年)にsoup-disk/Libyus Music/disques cordeからリリースしたソロ&コラボレーションアルバム全12タイトルをrarよりリニューアル再配信。コンピレーションへの提供曲や別名義の作品と未発表曲をコンパイルした配信限定アルバム『KOLLECTIV』をリリース。KORG Arp Odysseyで制作したスピンオフアルバム『ODYSSEY2015』をOTOTOY限定配信でリリース。

2016年、2005年作『RIOW ARAI+NONGENETIC』のインスト版『R+N instrumental』と2015年作『ODYSSEY2015』のダブヴァージョン『ODYSSEY2015 dub』をリリース。96年作ファーストアルバムの20周年リマスターエディション『Again 2016』をリリース。ベスト盤カセットテープ『ベストカセット』をrarオンラインストア限定でリリース。セルフコンピ第2弾『KOLLECTIV2』をリリース。


音源制作、イベントの出演依頼など、お仕事のご用命などは下記のメールアドレスまでご連絡下さい。
riow@riowarai.net



Riow Arai was born in Tokyo, 1969. since teenager, he started to make music in his room with a synthesizer. at the same time, he joined some bands, mainly as a drummer.
early twenties, he suspended his musical career as a drummer to devote himself to make his own music. made some demo tapes and joined the Frogman Records‘ compilation album “From The Bedroom To The Whole Universe“. this was first public release as a solo artist.
in 1996, he released his 1st album “Again” from Frogman Records. the calm ambient sound involving elements of techno, break beats and dub, established a new musical genre called “Listening Techno”.
in 1997, he composed music for the Japanese video game “Front Mission Alternative” (Square Soft) and released original sound track album.
in 1998, 2nd album “Circuit ’72” was released from soup-disk/silverstone. in this album his sound shifted more to drum’n bass, down beat, trip hop, from techno and ambient. since then, he has been released more than 300 free MP3 tracks in his official website till 2005.
in 1999, 3rd album “Mind Edit” was released from soup-disk. he compiled his music as one album and gave a big impact to music scene, not only techno, break beats, electronica, but also underground hip-hop scene. it was recommended by Nobukazu Takemura. and this album was re-issued from UK label “LEAF“, and in Japan re-issued with bonus tracks as “Mind Edit Syndicate” from Soup-Disc, in 2003.
his first released vinyl record, “Mind Syndicate“(soup-disk), was a best album songs from his web site releases.
in 2000, he joined a compilation album “si-con series” from a newly formed Shibuya style label called “SHIBURAI” with a song “Wandering”(taken from “circuit ’72”), and he was pushed into the spotlight.
in 2001, 2nd vinyl album “Bitter Beats“(soup-disk) was released. this is a sampling sounds of edit beats, with a new technique only using computer software.
4th album “Beat Bracelet“(soup-disk) was released. his original “break & edit” style was more sophisticated, and selected album of the year in many musical magazines. It entered DJ chart of Coldcut though it was promotion disc.
in 2003, “iBeat E.P.“(soup-disk) was released. this is 12 minutes each, one side, one song, this played the sampler with the manual real-time recording. it can be used as sampling beats for DJ tools.
5th album “Device People“(soup-disk) was released. the advanced hard and funky music beyond the previous album, with this album he was well-established as a fine musical creator.
in 2004, he joined a compilation album “Listening Is Believing” of Libyus Music, and released 6th album “Rough Machine” from the label. it focused on break beats and he completed his own “break & edit” method in this album.
in 2005, he formed a unit “RATN”(Riow Arai + Tujiko Noriko) with Tujiko Noriko(mego, tomlab) and August, they released album “J“(disque corde). this is most pop taste album of hers and she got more fans from wide genre.
released a single “opdisc.002”, including a collaborated song with Nao Tokui, from a private label of Yoshihiro Hanno and Fumiya Tanaka, “op.disc”.
in November, he released a collaboration album “RIOW ARAI + NONGENETIC“(Libyus Music) with Nongenetic, a rapper from Shadow Huntaz(skam).
in 2006, he wrote three orignal songs for TV animation series “Psalms of Planets Eureka seveN” and they are released as an original sound track.
in November, on his 10th Debut Anniversary, 7th Album “SURVIVAL SEVEN“(Libyus Music) was released. on top of his based break & edit sounds added more upper disco tracks and electro beat. it is a kind of achievements of his music.
click/minimal track, EP “Pink Body” was released from perc trax(UK) under the name of “redsound”.
in 2007 April, “RIOW ARAI+NONGENETIC” will be released from mass.mvmnt(USA).
he joined other some compilation albums and also have done many remix works for artists.
DJs and live performances, recently he joined the party of “Skam” and “Mush” label. he did front act for: Radio Boy(Herbert), Four Tet, Maurice Fulton + MU, Machine Drum, Eliot Lipp, ESG, Nobody, Pole, Spencer Doran, Domitatrix, Club D’elf and more. he joined “sonarsound Tokyo” in 2006 and did special live featuring Nongenetic from LA.