中メブロードウェイヴ #10

【ニコニコミュニティ】キャプミラP【CaptainMirai】バイバイレコード コミュニティ 10月31日(水)、月末恒例のキャプテンミライとのニコニコ生放送をお送りします。 配信開始は大体21時くらいのアバウトな感じで予定してますが、ニコ生のシステムとして配信を始めてからURLが決まるシステムなので配信開始直後にtwitterでお知らせします。規定により配信は1回30分で終了するので、これを1枠として、再び配信の設定をして始めるというのを4枠(回)繰り返します。その都度URLも変わり、随時tweetでお知らせという流れになります。また、コミュニティの生放送が開始された時に通知するツールもありますので、こちらやこちらを参照して下さい。 配信中に行うアンケートのお題も募集しておりますので思いついた方はtwitterへreplyでお願いします。 なお、今回は10回記念としてキャプテンミライの曲をリョウアライがリミックスしたトラックのダウンロードプレゼントもありますのでお見逃しなく。 配信後記 (11/8)そもそも配信中にボカロは作らないのか?という要望の中にカットアップリミックスを作ったらどうかというコメントがあり、それなら出来そうだということで、10回記念として早速キャプテンミライの曲をリミックスしupload、番組中にパスワードをお知らせし、ダウンロードしてもらうことになったのだが、早々とfilestorageにて規制がかかり、ダウンロードが困難な状態になってしまった。意外とサーバが脆いことが判明したのだが、ここまでやったら規制がかかるなどのルールは特にわからず、やってみないことにはわかりませんでした。ということで、あまりうまくダウンロード出来ない状況であったので来月も行う予定。そして今回はたまには真面目に音楽の話ということでデビュー50周年のビートルズとベスト盤が好評の山下達郎に各々1枠もうけ、5曲ずつ選曲して特集してみました。 1年以上経った2013年12月25日、YouTubeにuploadしました。

さよならアメリカ、さよならニッポン

さよならアメリカ、さよならニッポン ~戦後、日本人はどのようにして独自のポピュラー音楽を成立させたか~ はっぴいえんどがデビューした時にロックを日本語で歌うか否か論争があったのだが、この時に日本のロックシーンが裕也派と細野派に分かれたとあえて仮定すれば、JAPROCKSAMPLERははっぴいえんどはロックではなくフォークと見なす裕也派の本であり、これはタイトルでもわかるように細野派の本なのだが(巻末対談の萩原健太・湯浅学の2人は細野派でもなく大瀧派だが)、はっぴいえんど周辺に関しては当時から既にミュージックマガジン等で絶賛されて以来現在まで多くの論評があり、このアリメカ人が書いた本も違和感のない妥当な内容になっていたので、逆にJAPROCKSAMPLERの偏った内容が面白く感じられるという恰好になったが、GSを含めた日本のロック論が両極出揃ったところで、次の段階としては裕也派・細野派の間にある日本独自に発展をとげた「フォーク〜ニューミュージック」(この本でもユーミンは取り上げているが)を海外から見た本を望みたい。この本ははっぴいえんどのことだけ書いてあるわけではないので、以下内容からポイントとなるディスクを選出してみました。 > JAPROCKSAMPLER | ロック誕生 | USTREAM – JAPANESE...

中メブロードウェイヴ #9

【ニコニコミュニティ】キャプミラP【CaptainMirai】バイバイレコード コミュニティ 9月28日(金)、月末恒例のキャプテンミライとのニコニコ生放送をお送りします。 配信開始は大体21時くらいのアバウトな感じで予定してますが、ニコ生のシステムとして配信を始めてからURLが決まるシステムなので配信開始直後にtwitterでお知らせします。規定により配信は1回30分で終了するので、これを1枠として、再び配信の設定をして始めるというのを4枠(回)繰り返します。その都度URLも変わり、随時tweetでお知らせという流れになります。また、コミュニティの生放送が開始された時に通知するツールもありますので、こちらやこちらを参照して下さい。配信中に行うアンケートのお題も募集しておりますので思いついた方はtwitterへreplyでお願いします。 配信後記 (10/6)今回はネタメモなしでフラットな気持ちでやろうとしたところ、当日配信ソフトのNiconico Live Encoderが不明のエラーで起動せず、よってロゴや名前などのスーパーは出せず、ニコ生デフォルト仕様の最低画質/音質(mono)で仕様的に#1と同じ状態でやることになってしまい、ニコ生の回線が混んでいたのか、途中フリーズしたりと何かとトラブルがありつつ、流石に回数を重ねてきてることからフリートークで無事こなしながらも初心にかえったユルイ回でありました。

中メブロードウェイヴ #8

【ニコニコミュニティ】キャプミラP【CaptainMirai】バイバイレコード コミュニティ 8月30日(木)、月末恒例のキャプテンミライとのニコニコ生放送をお送りします。 配信開始は大体20〜21時くらいのアバウトな感じで予定してますが、ニコ生のシステムとして配信を始めてからURLが決まるシステムなので配信開始直後にtwitterでお知らせします。規定により配信は1回30分で終了するので、これを1枠として、再び配信の設定をして始めるというのを通常4枠(回)繰り返します。その都度URLも変わり、随時tweetでお知らせという流れになります。また、コミュニティの生放送が開始された時に通知するツールもありますので、こちらを参照して下さい。配信中に行うアンケートのお題も募集しておりますので思いついた方はtwitterへreplyでお願いします。 配信後記 (9/11)個人的にはこの10年でオタクの大衆化とサブカルの衰退を感じていたので、オタクvsサブカルの勢力の逆転についての話をした。と、書くとちょっと固い印象になるが、そもそもブログなりtwitterなりで書き連ねればいいような問題は喋った方が早いし簡単ということが配信をやっている理由の一つ。あと30分ずつという枠で2人で顔出しでやってると音楽をじっくりかける気になれないので喋り優先になってしまう。しかし音楽もかけたいので今回は82年縛りで選曲し、薄くかけっぱなしにしてみたが、割と良い感触があったので次回もやるでしょう。あと先月から番組ロゴと両者の名前を常に表示というのも、より番組らしくなり、なんだかんだ毎回改良を加えていってる次第です。

YouTube – SPACE (SAMPLE & HOLD)

先月お蔵出し音源をYouTubeにuploadしてみたが、長時間の動画ファイルを作るにはなんだかんだ手間がかかるので、どのみち映像がいらないのならば、やはりSoundCloudのアカウントをさらに増やすしかない、というのもまた新たな音源をuploadしたくなったからであって、それがまた60分もあるものなのだから(SoundCloudのフリー版は計2時間まで)。こういった類いの音源は非常にリリースしづらいが(仮にiTunes Storeの場合、60分というアルバム1枚分に相当する長さだからといって1曲は1曲なのであり1500円という値段はつけにくい、しかし150円では納得いかない、ゆえにリリースしづらい)、昨今ニコ動から発した「作業用BGM」という都合の良い概念によりネット上から聴いていただくことで漸く存在価値を見出せた感がある。という体たらくで、今回は知り合いからお借りしたRoland SH-2を鳴らして録音したものをタイマー代わりにもなる60分ジャストの長さにした。なお、30〜40分あたり(波形が凹んでるところ)は録音しながら寝てしまっていたママの無操作状態(但しレゾナンスは発信中)。ということで睡眠導入用もかねた作業用BGM<宇宙空間編>といったところ、意外と夏向きなひんやりサウンドになってるかと思います。御自由にお使い下さい。 作業用BGM 【宇宙】 SPACE (SAMPLE & HOLD) – RIOW...

中メブロードウェイヴ #7

【ニコニコミュニティ】キャプミラP【CaptainMirai】バイバイレコード コミュニティ 7月31日(火)、月末恒例のキャプテンミライとのニコニコ生放送をお送りします。 配信開始は大体20時くらいのアバウトな感じで予定してますが、ニコ生のシステムとして配信を始めてからURLが決まるシステムなので配信開始直後にtwitterでお知らせします。規定により配信は1回30分で終了するので、これを1枠として、再び配信の設定をして始めるというのを通常4枠(回)繰り返します。その都度URLも変わり、随時tweetでお知らせという流れになります。また、コミュニティの生放送が開始された時に通知するツールもありますので、こちらを参照して下さい。 配信中に行うアンケートのお題も募集しておりますので思いついた方はtwitterへreplyでお願いします。 なお、今回はCDのプレゼントもありますのでお見逃しなく。 配信後記 (8/8) 先月のようなニュースネタを矢継ぎ早にという流れにはしなかったものの、いくつかメモってたネタを頼りに喋りっぱなしで終わった印象。やる方も観てる方も慣れてきた。ニコ生中にニコ動を流すという機能があるのだが、PCによって読み込み中のまま表示しないなど不安定だったのが残念。アンケートは「音楽を何で聴きますか?」でPC/iPhoneなど携帯/コンポ/ラジカセという予想通りの順位であったが、意外だったのは選択肢として思いつかなかったカーステとう意見が多く、確かにこれは盲点であった。CDプレゼントの流れから4枠目はBGMを流しっぱなしにしてたが、今まで喋りの邪魔になるから避けてたものの、結局音楽を流す時間が足りないので今後はありかもしれない。ちなみに配信後記はUSTREAMと違ってアーカイブが1週間で消えてしまうので書いています。

インナーイヤーヘッドフォン 2

ninewave イン・イヤー ヘッドホン NW-STUDIO XNIW551211 去年こちらのイヤフォンを買ったが、長年の習性でパッドをつけないで使用していたため、半年くらいでグリルがもげて使いものにならなくなった。つまり今まで代々グリルがダメになったのはパッドをつけてなかったから、という簡単な事が今更ながらわかった次第。単にカッコ悪いという理由でパッドをつけてなかったのだが、そういう志向はあながち間違いでもなくiPhone付属のものにはパッドがなく、グリルがもげないような造りになっている。またこのようなレビューもあり。そして買い替えるはめになったタイミングで前回から気になっていた9wの廉価版が出たのでそれを買ってみた(実は半年以上前の話)。買って即tweetしてしまったように、インイヤーにしては低音も出てて迫力があったATH-CM707に比べるとスカスカな印象で落胆したが、とりあえず使うしかないので慣れるのを待つこと半年。流行のカナル型は耳を痛めて難聴になりやすいという話も最近あるので、そもそもイヤフォンに力を入れる気はないが、勿論何でもいいわけではない。ATH-CM707には迫力があったものの、無音時にノイズが聴こえる場合があり、要はブースト気味のチューニングをしてるのではないか、それに比べて9wの印象は音の解像度がクリアで耳にやさしい音というのが現在の解釈。そしてパッドを装着。 ナインウェーブ : 【BARKS編集部レビュー】NW-STUDIO、廉価版という鬼門に9wはどう立ち向かったのか? (1) /...

oykno – YouTube

DATの整理をしていたら、或るセッションが録音されていたのを発見した。完全に忘れていた音源で、いつ頃のものかもわからない。シンセはSH-101だということはわかり、converterで同期させているのは確かだが、他の音をどうやってやったのかが思い出せない。これは自分にとっては珍しいこと。今まであれば、こういう類いの作品はSoundCloudにuploadするところだが、SoundCloudのfree登録だとupload出来る曲の合計時間が決まっているので、この曲をuploadするには既に足りなくなっており(且つ他の曲はまだ消したくない)、今回その録音のまま編集せずにYouTubeにuploadしてみた。ついこの前までYouTubeはupload出来るデータの時間制限があったのだが、いつの間にかウヤムヤになっており36分の曲がupload出来、今後はSoundCloudもいらぬ、とも思う次第。録音したものにタイトルはついておらず(DATにメモもなかった)ので、今回任意に「音響(ONKYO)」 を逆さにして「oykno」としたが、特に意味がないので他にいい言葉が思いついたら変更するかもしれない。映像も特に意味はなく、真っ暗でも良かったのだが、YouTubeなので一応つけましたが、目をつぶって音だけ聴いてもらってOKです。作業用、読書用、不眠用、xxx用BGMとしてどうぞ。 8/8、長年定番として親しまれたマイルドセブンを何の脈略もなく(と思われる)メビウスに改名するというニュースをうけ、その軽い衝撃からoyknoからmöbius(JTが決めたスペルは”MEVIUS”)にタイトルを変更しました。

中メブロードウェイヴ #6

【ニコニコミュニティ】キャプミラP【CaptainMirai】バイバイレコード コミュニティ 6月29日(金)、月末恒例のキャプテンミライとのニコニコ生放送をお送りします。 配信開始は大体20時くらいのアバウトな感じで予定してますが、ニコ生のシステムとして配信を始めてからURLが決まるシステムなので配信開始直後にtwitterでお知らせします。規定として配信は1回につき30分、これを1枠として、再び配信の設定をして始めるというのを通常4枠(回)繰り返します。その都度URLも変わり、随時tweetでお知らせという流れになります。また、コミュニティの生放送が開始された時に通知するツールもありますので、こちらを参照して下さい。 配信後記 (7/7)6月はなんだかんだ色々あったように思え、ここ1ヶ月で気になったニュースをピックアップし、それを話のネタとして進行してみた。番組のスタイルとしてはわかりやすくなったが、こういった世の中のニュースをネタにああだこうだいうのは安易といえば安易で、今までHPの日記/ブログ/twitterでは基本的に避けてきた面もありつつ、敢えて今回やってみた。そして、その流れである意味流行でもある「音楽は何故売れなくなったか?」のアンケートを実行、結果は内容/値段/ネット/レンタルという順であった。不覚にも選択肢に「内容」を入れてしまったため、結局答えのない答えが結論になってしまい、地雷を踏んだ気分だった。

FiiO USB オーディオインターフェース D5

FiiO D5 USBオーディオインターフェイス: オヤイデ電気オンラインショップ 昨年買ったFOSTEXのDACを早くも見捨てて、こちらを購入。FOSTEXのはボリュームツマミをふいに触ってしまう危険性もあるので自分的には不要だったし(主に調整はMac側でやるし)、アウトがRCA(アナログ)しかないのが不満でもあった。ということで、世の中すっかりパソコンで音楽を聴くのが定着したからか、DACの種類も増えており、今回これにした。まず、先日買ったBOSEのスピーカーは今までMacBookのアウトから直接繋いでたが、流石にこれでいいと思ってるわけでもなく、これをかまして接続(偶然メーカーのページにも接続例としてあり)、コアキシャルアウトもあるので今まで使っていたFWオーディインターフェイスも不要(かも。自分のセッティング的には)、ラインアウトと別でヘッドフォンアウトもあり、流行のヘッドフォンアンプ代わりにもなる、マイク入力は普段不要だがUSTREAMなどで必要になることもあるかも… ということで実に多機能(マルチ)なものにグレードアップ。小さいけど出力に物足りなさは感じません。

中メブロードウェイヴ #5

【ニコニコミュニティ】キャプミラP【CaptainMirai】バイバイレコード コミュニティ 5月31日(木)、月末恒例のキャプテンミライとのニコニコ生放送をお送りします。 配信開始は大体21時くらいのアバウトな感じで予定してますが、ニコ生のシステムとして配信を始めてURLが決まるシステムなので配信開始後にtwitterでお知らせします。システムとして配信は1回につき30分で一旦終わり、これを1枠として、再び配信の設定をして始めるというのを通常4枠(回)繰り返します。その都度URLも変わり、随時tweetでお知らせという流れになります。また、コミュニティの生放送が開始された時に通知するツールもありますので、こちらを参照して下さい。ニコニコプレミアム会員の方はコミュニティに参加してもらえるとレベルが上がり、配信中のアンケート機能が使えることになるので是非お願いします。 配信後記 (6/9) 中目黒に収録場所が変わっての2回目。同じ空間の中でもカメラ位置は前回と変えてみる。再三呼びかけていたコミュニティ参加者がおかげさまで1枠目中に目標レベル達したので、2枠目からアンケート機能が使えるようになった。早速、話の流れからマキシシングルにカラオケは必要か?等のアンケートをしてみた。今後も多用していきたいところ。次なる目標としては無料延長(現在は30分で一旦終了しないとならない)があるが、そのレベルに達するにはあと数千人が参加しないとならないため、とりあえずそれは考えないでいきましょう、といったところです。

M3-2012春

音系・メディアミックス同人即売会「M3」に参加します。 M3-2012春 2012年4月30日(月祝)/11:30~16:00(予定)/入場料1,000円/東京流通センター(TRC) →GoogleMap 「リョウアライエディットシンジケート」のサークルスペース: 第二展示場 2階 スペース番号 い 03a “graphic...

中メブロードウェイヴ #4

【ニコニコミュニティ】キャプミラP【CaptainMirai】バイバイレコード コミュニティ 4月26日(木)、ボカロPのキャプテンミライとニコニコ生放送をお送りします。前回まで中野で行っていましたが、今回から収録場所が変わりまして中目黒に移転、それに伴い番組タイトルも変更です。 配信開始は大体20〜21時くらいのアバウトな感じで予定してますが、ニコ生のシステムとして配信を始めてURLが決まるシステムなので配信開始後にtwitterでお知らせします。さらにシステムとして1回につき30分の配信しか出来ないので、それを何回か繰り返し、その都度URLも変わり、随時tweetでお知らせという流れになります。何枠までやるかは当日のノリで決まりますが、基本4枠な感じです。また、コミュニティの生放送が開始された時に通知するツールもありますので、こちらを参照して下さい。ニコニコプレミアム会員の方はコミュニティに参加してもらえるとレベルが上がり、配信中のアンケート機能が使えることになるので是非お願いします。 配信後記 (5/4) 収録場所が変わったので部屋の雰囲気がだいぶオシャレになった。アングルも今までは対面だったが、今回から2人ともカメラ向きになり、番組らしくなったとのこと。今回も4枠、これで定着しそうだ。今回はM3直前配信ということで殆どこれの告知に終始したが、途中思いつきでその場にあったロック・ミュージシャン名言集という本をネタにしてみた。それから前からやろうと思っていたニコニコにある動画を流してみた。流しながら喋ることも可能なので、今後もまた活用してみる予定。収録場所にも機材があるし、またセッションもやる予定。ということで内容に関してはまだネタ切れ感がありません。次回はM3の報告など。

FA (original version)

97年に音楽を担当をしたゲーム『フロントミッションオルタナティヴ』から15年が経った。だからというわけではないが、今回思い立って設定場面にあてた4種類の曲のオリジナルヴァージョンをYouTubeにupしてみた。何故この4曲だったのかというと、これらはゲーム用に書き下ろした曲ではなく、ゲームに関わる前に作ってあったオリジナル作品であり、今回そのお蔵出しである(新たに手は加えていない)。制作時期は93〜96年のもの。 結果的にゲームには40曲必要だったので、全て書き下ろしでもなく、既にあったストックの中から使えそうなものをゲーム用にアレンジしたものが何曲かあり、一番最初に用意したのはオープニングテーマ(実はこれもストックの中に原型の曲があった)、次に必要とされたのが4つの設定場面の音楽であり、初期の作業はストックの中から使えそうなものを選んでいったと記憶している。しかし全てにおいてシーンにはまるように曲を再構成し、トラックや音の制限などもあったのでリアレンジを行い、ゲーム用のプログラムに書き換える作業をしたので、単にストックを流用したのと違うことは、今回upしたものとゲーム内のものとを聴き比べてもらえればわかってもらえると思う。 40曲の内訳としてはオープニング/エンディング、設定場面4種、そしてメインであるバトルフィールドが多数。1つのバトルフィールドが2〜3シーンで構成されてるものもあるので、1つの曲のヴァージョン違いという関連性を持たせて一括りとした。 サントラ盤(CD)の作業としては、まず全曲を収録するには1枚のCDに収まらないことは明白だったが、2〜3枚組のものは出せないとのことだった。であるなら、このゲームの場合、曲で使う音色をかなり圧縮して組み込んでいたため、内蔵音源のまま収録することはやめて、サントラには圧縮前の音を使い(要は作曲した時のオリジナルの状態)、バトルフィールド内の2〜3ヴァージョンを1つの曲として聴けるように繋げるリアレンジをし、リミックスというほど変えてもいないので、オフィシャルリアレンジヴァージョンとして制作。問題の選曲に関して、そもそも全曲収録は不可能であるから、ゲームを知らない人でも1つのテクノアルバムとして聴けるようにバトルフィールドの曲を中心に選曲(ただでさえバトルフィールドの曲は多く、網羅出来ないので優先し、設定場面の曲は思い切って排除)し、オープニング〜バトルフィールド〜エンディングというシンプルな構成にした。結局、内蔵音源完全版が別でリリースされていれば何も問題なく、勿論こちらも希望したが却下されたので、このようなサントラしか存在しないために、全曲収録じゃない点(あれが入ってない、これが入ってない等)、設定の音楽が入ってない点、ゲーム内の音と違う点等々いまだに文句を言われ続けることになる。曰く付きと言われたサントラは発売数年後に廃盤になったが、ヤフオク等で高騰したこともあり9年後に再発された。この再発の知らせを受けた時に散々文句を言われた設定の音楽を新たにボーナストラックとして追加することを提案したが、全く同じものを出す(要は再発というより再プレス。但しケースは安い透明プラに変更)と却下された。インナーもそのままのため、自分のHPやメルアドもドメインを取る前の古いままである(Not Found)。 ちなみにサントラ収録の’Bonus’という曲はCDのボーナストラックという意味ではなく、当初ボーナスステージが予定されていたので、それ用に作ったものである。当時ゲームとサントラを同時に発売するために発売日に間に合うようサントラのマスタリングを済ませたのだが、その後ゲームの発売日が延期され、その間にボーナスステージはなくなった。しかしCDのマスタリングをやり直すことはなく、そのままリリースされ、本当にCDのボーナストラックになってしまったという経緯である。 兎に角、このサントラに決着をつけるには内蔵音源完全盤をリリースするしかないであろう。今だったら当時のプログラムデータを変換してDAWにインポートし、各トラックの音を補正し、マスタリングすることが可能であると思うのだが… 。 内蔵音源完全盤をご希望の方はこちらではなく、スクウェアエニックスにリクエストして下さい。 > Happiness...

中野ブロードウェイヴ #3

【ニコニコミュニティ】キャプミラP【CaptainMirai】バイバイレコード コミュニティ 4月6日(金)、ボカロPのキャプテンミライとニコニコ生放送を聖地・中野から行う予定です。 配信開始は大体20〜21時くらいのアバウトな感じで予定してますが、ニコ生のシステムとして配信を始めてURLが決まるシステムなので配信開始後にtwitterでお知らせします。さらにシステムとして1回につき30分の配信しか出来ないので、それを何回か繰り返し、その都度URLも変わり、随時tweetでお知らせという流れになります。前回は5部までやりましたが、何部までやるかは、当日のノリで決まる感じです。色々お手数ですが、当日tweetを追いかけて下さい。 配信後記 (4/10) まず30分ずつという枠にだいぶ慣れてきた。30分ごとに話題を区切れるということで大した内容でないにしろ、構成はしやすくはなる。今回は4枠、これが基本になりそうだ。前回からコンデサーマイクでひろうことになったが、ミキサーはアナログで、PCとの接続にはオーディオインターフェイスをかましていたが、今回からその両方を兼ね備えたUSB接続のミキサーにした。実はこれ去年の3月の震災前にUSTREAM用に買っておいたのだが、使う機会がなく未開封状態であったのを1年経ってようやく使った次第。ということで、3回目にしてようやく機材のセッティングが定まった。そして今回は懸案だったセッションも実現。1回やる毎にクライアントが出来たり機材が定まったり着実に進化してるのだが、それに応じて(?)収録に使わせてもらっている会社が引越すことになり、存続が危ぶまれたが、無事移転先でもやらせていただけるとのことなので、有り難くまだ続きますが、収録場所変更に伴い番組タイトルも変わります。 3枠目にやったキャプテンミライ自作シンセとリョウアライ持参TR-808による即興セッションをSoundCloudにuploadしました。(4/12) SoundCloudからYouTubeに移行しました。(2013/9/21)

MP3の思い出をミキロフさんに語っていただきました。

MP3の思い出 by ミキロフ この度は”MP300(エムピースリーハンドレッド、なんてゴージャスなタイトルの響きなんでしょう)”の発売、本当におめでとうございます。私がリョウアライさんのHPで初めてMP3の配信をダウンロードして聴いたのは今から13年前の1999年初頭。前年の98年、友人であるmatsu&takeから「Web_Site_Again(当時のアライさんのHP名)のMP3コーナーが面白い」という情報を吹き込まれながらも、まだ自宅にネット環境の無かった私は松竹家のMacでしばらくの間指をくわえつつ聴かせてもらいに行く日々が続きました。ちなみにその頃アライさんとは面識はなく、所有していたフロッグマンレコーズのコンピレーションCDで名前を認知していた。その後99年の明けに発売された(今や懐かしい…)5色バリエーションになったばかりのiMacG3 266MHzを思いきって購入、ネット開通後最初にアクセスしたサイトがアライさんのHPだったのを、今これを書きながら思い出しました。 人生初のダウンロード行為もどこぞのエロ画像などではなく、Web_Site_AgainのMP3ファイル(これ本当です)だったなぁ。当時はMP3フォーマットを用いてオリジナル曲の配信をしていること自体が、今では考えられないですけどとても革新的だったんです。MP3という圧縮形式も確か出始めの頃で、海外の一部の音楽マニアが趣味でやってるようなページで稀にオススメ曲紹介用にMP3でサンプルを置いていたりしたのを見かけましたが、国内アーティストのHPで自作曲のフル配信(しかも無料で)をやってる人は極少数だったと記憶しています。それは思うにいわゆるテレホーダイタイムの時代、ネット接続がダイヤルアップか僅かに速いISDNくらいしか無かったので、なかなか物理的にも成立しなかったことなのかもしれません。 アライさんMP3コーナーの全盛期は配信開始当初から2000年いっぱい辺りまでがアップロードのペースを見てもほぼ週1で2曲(!)ずつ、私含め落とす側もうっかりしてると更新チェックをする前に次の更新になっていたりするので(サーバー容量の制限で新曲アップの際、過去曲は削除されていた)その頃はかなりマメにHPを訪れては更新お知らせのNEW!文字の有無を確認していました。大体いつも金曜の夜更新だったので、金曜日は朝日放送の探偵!ナイトスクープ(関西圏での放送日)を観た後にネット開いてアライさんのMP3更新チェック!の曜日として数年間自分の中だけで定着。言い過ぎかもしれませんがWebSiteAgainでのMP3コーナーの存在が完全に生活の一端として密着するほど更新を追いかけていたんです。毎週、若干数百KBのファイル一つ落とすのにプロバイダの調子が悪いときは10~20分かかった苦心のダウンロードも今となっては良い思い出として残っていますね(という経緯/経験もあり、06年の200曲再アップや09年の100曲再アップ時は少し嫉妬しました!)。 アライさんブログのMP3リスト 01/07/07に’adsl’という曲があり、この前後から1曲毎の容量がちょっと増えていきますが、当時の私が送った感想メールに対してアライさん曰く「ADSLに乗り換えました。なのでアップロード容量も必然的に増え、曲名も記念に’adsl’」というような明解な内容の返信があったことを今でも覚えています。未だダイヤルアップでダウンロードを頑張っていた身としてはこの辺で初めてのピンチを感じました(落とせないこともなかったのですが時間がかかり過ぎた)。時期を見て私もけっきょく電話回線から高速回線に乗り換えたのは言うまでもありません。メールの話で補足しますと、初めてダウンロードさせていただいた頃からなんとなく毎回感想メールをアライさんに送り続けていましたが、例えどんな些細な感想であってもいつも即(本当に速かった)長文で丁寧に説明や解説の返信をいただいていました。あの時期のMP3に関してやり取りしていたメールのデータはもう見失いましたが、もしあってしっかり編集を施せばなかなか痒いところに手のとどくリョウアライMP3解剖本が作れたと思います。当時HPにはBBSを設置されていて(何か更新がある度にコロコロ入れ替わるトップ画像にBBSへのリンクが埋め込まれた仕様だった。ので、たまに画像が小さ過ぎるとBBSの入口が分からなくなることもあった)感想などはそちらに書き込んだこともありました。 そんなこんなありつつでMP3をきっかけにアライさんとのメールやネット上での交流が次第に深まり、99年夏には私や松竹・ヤベミルクらで京都にて行っていたクラブのイベントにゲストで出ていただき、それまでアップされていたMP3トラックを軸にしたCDJプレイ(アライさんご自身としても初の試みでした)をしていただくまで展開していったわけです。私にとってアライさんHPのMP3コーナーはインターネット経験の原点でもあり、青春そのものと言っても過言ではありません(しみじみ)。”MP300“、その規格外のボリュームは勿論のこと、理屈抜きで面白い盤だと思いますので、少しでもたくさんの音楽好きの方に聴いてほしい作品です。 >...

MP3の5W2H

Who/誰が リョウアライが What/何を 未発表曲のMP3データを When/いつ 98年5月28日から Where/どこで 自分のHPで Why/なぜ(どんな目的で) リリースもの以外の作品も作りたかったし、それを不特定多数に聴いてほしかったから How/どうやって...

BOSE M2

Bose Computer MusicMonitor マルチメディアスピーカー M2 約1年半前にOlasonicのスピーカーを買って、このブログから購入された方も多かったのだが、こちらでは数ヶ月後に少しボリュームを上げると音割れするようになってしまって音には満足してたものの、残念ながら使い物にならなくなっていた。そこでまたスピーカーなし生活になり、その後MacBook Proに買い替えて、黒MacBook時に比べて内蔵スピーカーの鳴り的には(ってMacの内蔵スピーカーなんか誰も気にしてないと思うが)良くなったものの、当然のように限界があるので、再びスピーカーを欲し、結局前回の記事で言及している通り、BOSEを買った次第である。単なるただの初志貫徹。

中野ブロードウェイヴ #2

【ニコニコミュニティ】キャプミラP【CaptainMirai】バイバイレコード コミュニティ 4年に1度の2月29日(水)、前回に引き続き、ボカロPのキャプテンミライとニコニコ生放送を聖地・中野から行う予定です。 配信開始は大体20〜21時くらいのアバウトな感じで予定してますが、ニコ生のシステムとして配信しないとURLがわからないので、当日twitterでお知らせします。さらにシステムとして1回につき30分の配信しか出来ないので、それを何回か繰り返し、その都度URLも変わります。前回は4部までやったので、今回もそのくらいを考えてますが、他の配信者が多い場合は配信出来ない場合があるので、これも当日にならないとわかりません。色々お手数ですが、当日tweetを追いかけて下さい。 配信後記 (3/8) 前回の配信後にタイミングよくNiconico Live Encoderという配信ソフトが出来、今回はそれを使って配信したので、前回より画質も向上、音もステレオになった(オペレーションは僕ではなくプレミアム会員+Windowsユーザーであるキャプテンミライ)。これでUSTREAMでやってる配信と同等になった。前回と違い今回はお互いハンドマイクは持たず、コンデンサーマイクを1本立てて2人の声をひろうスタイルにしたが、特に問題がなかった、というか良かったくらいなので、今後もこのスタイルになるだろう。特に決めごとなくガチでフリートークしたが、結局30分x5枠行った(アーカイブが7日間しか見られないのは残念)。音のセッションは見送ってしまったが、次回こそはやる予定(3月下旬)です。

rar オンラインストア・リニューアル(クレジットカード決済開始)

昨年rarというセルフレーベルを立ち上げたのを機に当HPから直接CDを販売することを始めていました。システム的にメールオーダーのみだったのですが、この度PayPalというオンライン決済サービスを経由することにより、クレジットカード決済で販売することが可能になりました。今まで個人のHPで独自にオンライン決済サービスを設置するにはプログラム/システム的にハードルが高かったのですが、PayPalのおかげで比較的簡単に出来るようになりました。HPを開設して15年経ちますが、ようやくここまできたといった感慨深いものがあります。PayPalアカウントは登録無料、クレジットカードをお持ちであれば、他のオンラインショッピング同様のシンプルさで買うことが出来ます。しかもPayPalアカウントがなくてもクレジットカード決済で買うことが出来ます。 新譜”graphic graffiti“にはオンライン限定の特典がつきますし、今後オンライン限定商品も予定しております。 是非ご利用下さい。 >>> rar – onlinestore

中野ブロードウェイヴ #1

1月31日(火)夜、古くからの知り合いである現ボカロPのキャプテンミライとニコニコ生放送をやる予定です。 配信開始は当日twitterでお知らせします。 USTREAMを見捨てたわけでもプレミアム会員でもないですが、はじめてのニコ生として聖地中野からの試験放送になります。 配信後記 (2/1) なにしろ初めてだったもので、USTREAMと勝手が違うことが色々ありました。まずプレミアム会員しか配信出来ないのですが、今のところなる気もないのでキャプテンミライのチャンネル(ニコ生でいうところのコミュニティ)でやることは予め決まっていました。コミュニティの参加人数によって決まるLEVELというのがあり、それがかなりの数に達していないと配信が30分で終了するシステム。そのまま続けて配信するには30分につき500円払うシステム(!)なので、そこで一旦配信を終え、再度配信し直せば無料なのだが、配信ページのURLがその都度リセットされるので、告知tweetもし直さないとならない。今回はそれを4回繰り返した(計30分×4=2時間)。リアルタイムで見逃した方のためのアーカイヴはニコ生ではタイムシフト視聴といい、これもプレミアム会員でないと見られない。生主自身もタイムシフト視聴するしかなく(しかも約1週間しか残らない)、USTREAMのように録画した動画を管理画面(ダッシュボード)でダウンロード出来ない。配信画面に30分からの残り時間が表示されているが、実際にはタイムラグがあり、タイムシフトで確認したら、こちらが確認していた時間より早めに配信が終わっていた。ニコ生する人が増えると◯◯人待ちと表示され、配信出来なくなる。… … と、いう風にUSTREAMに比べると色々不便なのだが、視聴者数的には何故かニコ生の方が人が集まりやすい。違いといえば(流れる)コメントくらいしか思いつかないので、それがそんなに凄いのかと。無料で何時間も配信出来るUSTREAMは有料のニコ生に負けている。その謎を痛感しつつ、懲りずにニコ生やUSTREAMをやる予定です。

break literacy on YouTube

2003年にリリースした”Device People“というアルバム収録の’Break Literacy‘という曲が何故か世界中のどこかのダンサー用の音楽として使われており、最近YouTubeにいくつかuploadされています。

Recommends-2011/12

“MYSTERIOUS INTRIGUE” KUBA SOJKA ポーランドの新鋭によるデビューアルバム。1曲目の女性voものが秀逸。あとはインスト、シカゴ〜デトロイトハウス。 “MR.MACHINE” THE BRANDT BRAUER FRICK ENSEMBLE...